トップ 記事 弾道ミサイル発射時の行動

弾道ミサイル発射時の行動

弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達及び避難行動について

北朝鮮は過去に例を見ない頻度で弾道ミサイルを発射しています。弾道ミサイルは極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。仮に北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する場合には、政府は24時間いつでも全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。Jアラートを政府が使用した場合、土岐市では防災行政無線が自動起動して屋外スピーカーから警報が流れます。また携帯電話のエリアメール・緊急速報メールが配信されます。

弾道ミサイル発射時の情報伝達

(1)日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合

(2)日本の領土・領海の上空を通過した場合

(3)日本の領海外の海域に落下した場合

弾道ミサイル落下時の避難行動について

 (1)避難行動

 (2)弾道ミサイル落下時の避難に関するQ&A

 

 

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報