トップ 記事 先輩からのメッセージ(事務職)

先輩からのメッセージ(事務職)

総合病院総務課

佐橋一真(入庁:平成27年度)

佐橋君.JPG【仕事の内容】

総合病院総務課では、医師・看護師等の勤務管理や施設の修繕・資機材の購入等、病院の運営管理に関する業務を行っています。その中の総務係として私は、勤務管理・給与支給に代表される職員管理業務や組合員証発行といった共済関連事業の案内等、病院に勤務する職員の給与・福利厚生に関する業務を担当しています。その他、新規採用職員・退職職員の事務手続き、医療スタッフの健康診断・予防接種の手配業務等を、秘書課や総合病院医事課など関係部署と協力しながら実施しています。

【仕事の魅力】

一般的に市役所の仕事としてイメージする窓口業務とは全く異なる仕事ですが、患者さんと接する医療職員が自身の業務に専念できるようその勤務をサポートする、職員のために働く職員として非常に意義のある仕事だと感じます。

【受験者へのメッセージ】

部署によって身に着けるべき知識・技量は全く異なりますが、そこで得られるものは自分のためのみならず多くの市民・職員のためになるはずです。職員になられた際には、知的好奇心を持つ姿勢を絶やさず業務に臨んでいただければと思います。

 

総合政策課

水野慎矢(入庁:平成27年度)

水野君写真.JPG【仕事の内容】

私が所属する総合政策課調整係では、主に市役所内の複数課にまたがる事務のとりまとめや、課や係などの内部組織の管理を行なっています。またこの他にも、他市との連携に関すること、公共施設の管理に関すること、地方創生に関すること、研究機関との連絡調整等、幅広い業務を行っています。
その中で私は現在、土岐市にある核融合科学研究所やその他近隣市の科学研究機関との連絡調整等の業務を主に行っています。この業務は、研究機関で行う研究が住民の安全を損なうものでないか監視・確認する第三者委員会の事務局としての諸事務や、研究に対する住民からの問い合わせに対応するものです。

【仕事の魅力】

業務内容が多岐にわたっている分、幅広い分野に関わることができることが大きな魅力です。現在の仕事では、学生時代文系だった私がほとんど触れてこなかった科学分野に少しでも関わることができ、これまで全く興味がなかったことにも面白みを感じています。今の部署に限らず、市役所では3~4年程度という周期で部署の異動があるため、様々な仕事を経験して視野を広げることができることも、この仕事の魅力であると思っています。

【受験者へのメッセージ】

公務員というと堅苦しいイメージを持っている方がいるかもしれませんが、土岐市役所にはユーモアに溢れ、困難な業務も自分なりに工夫しながら確実に業務をこなす職員が多くいます。また、そのような職員たちは、それぞれ自分なりの芯を持っていて、皆さんが困っているときや迷っているときにはきっと頼れる存在となると思います。このような環境の中、私も自分なりの芯となるものを模索しながら、三年目職員として日々頑張って仕事をしています。皆さんと共に一緒に働けることを楽しみにしています。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報