トップ記事結核・肺がん検診

結核・肺がん検診

結核は、日本では年間2万人以上の患者が発生し、2千人以上の人が命を落としています。

東濃西部は結核に罹る人が多い地域です。特に高齢の方は結核に罹る危険性が高いので、年に1回は必ず受診しましょう。

(65歳以上の方は法律で結核検診を年に1回受診する義務があります。)

 

また、肺がんは日本人のがんによる死亡数のトップになっています。

早期に治療すれば約8割が治るようになりました。

早期発見のために、症状がなくても検診を受診しましょう。

対象

土岐市に住民票のある40歳以上の方(昭和54年4月1日以前生まれ)

(職場・医療機関等で検診を受けられる方、妊婦及び妊娠のおそれのある方は除く)

(注)以下の方へ個別案内を送付します。

  • 昨年度に個人通知が届いた方(過去5年以上受診していない方は除く)
  • 昨年度検診を受けられた方
  • 65歳の方(昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれ)

上記以外の方で、検診を希望される方は、保健センターへお申し込みください。

なお、案内文書が不要になった方は登録を解除しますので、お手数ですが保健センターまでご連絡ください。

検査内容

胸部X腺検査

※喫煙指数(1日本数×年数)が600以上の方は、状況により喀痰細胞診(検査料500円)ができます。

料金

無料

日程

H30 結核・肺がん検診日程表.pdf (PDF 66KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報