トップ記事公共奉仕活動傷害見舞金支給について

公共奉仕活動傷害見舞金支給について

 公共奉仕活動中に傷害を受けた市民に対し、公共奉仕活動傷害見舞金を支給します。

 町内会や婦人会など公共的または公益的な活動を営む市民の団体または個人が、計画的に自主的な意思により、無償で行う奉仕活動などが対象になります。

 例)自治会が行う河川清掃、地域防犯ボランティアが行う児童登校時の見守り活動など

 見舞金の支給額は以下のとおりです。

 傷害の区分 見舞金の額
 死亡 1人につき500万円
 傷害(入院) 1人1日につき5,000円。ただし、180日を限度とする。
 傷害(通院) 1人1日につき3,000円。ただし、90日を限度とする。

後遺傷害(傷害を受けた日から180日

以内に後遺傷害が生じた場合)

後遺傷害の程度に応じ別に市長が定める額

  詳細はまちづくり推進課へお問い合わせください。

 土岐市公共奉仕活動傷害見舞金支給要綱.rtf (RTF 78.9KB)

 公共奉仕活動協力者傷害事故届出書.docx (DOCX 18.5KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報