トップ記事平成30年度介護保険保険制度改正について

平成30年度介護保険保険制度改正について

平成30年8月から現役並みの所得のある方は、介護保険サービスを利用した時の負担割合が3割になります。

これまでは、介護保険サービス料の利用者負担は1割または2割でしたが、平成30年8月からは現役並みの所得がある方(前年の合計所得金額が220万円以上で、同一世帯の第1号被保険者(65歳以上)の「年金収入+その他の合計所得金額」が単身で340万円以上、2人以上で463万円以上)の利用者負担が原則3割となります。

介護保険の認定者全員に利用者負担の割合(1割~3割)が記載された「介護保険負担割合証」が発行されます(7月20日発送)。サービスを利用する場合は、必ず事業者に提示してください。

 

詳しくは「利用者負担割合の基準が変わります(厚生労働省リーフレット)(PDF 268KB)」をご覧ください。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報