トップ記事高齢者虐待対応マニュアルを作成しました

高齢者虐待対応マニュアルを作成しました

高齢者虐待とは・・・

 

 平成18年4月から、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援に関する法律」が施行されまし

た。この法律は、高齢者への虐待の防止と保護、高齢者を支える養護者(家族等)の負担軽減を図ること

を目的とし、「高齢者を養護する家族等による虐待」、「養介護施設従事者等による虐待」が規定されて

います。高齢者虐待は無意識に、気が付かないうちに不適切な対応で行われていることがあります。

 

  虐待には5つの種類があります。

   1、身体虐待(身体に外傷が生じるおそれがある暴力)

   2、介護・世話の放棄・放任(養護を著しく怠る等)

   3、心理的虐待(暴言等による心理的外傷を与える)

   4、性的虐待(高齢者にわいせつな行為等をする)

   5、経済的虐待(高齢者の財産等を不当に処分する等)

       

 土岐市においても、虐待は重大な人権侵害として捉え、虐待のない地域社会の構築を目指し、高齢者

を虐待から守り、尊厳を保持しながら、いつまでも安心して住み慣れた地域において過ごしていけるよう、

高齢介護課と地域包括支援センターが中心となって、高齢者虐待に対応しています。 

 高齢者虐待のサインに気づいたら、すぐに市役所高齢介護課又は地域包括支援センターへ通報・相談

してください。

 

通報・相談先

土岐市役所高齢介護課       54-1111(内線231・232)

(土岐市地域包括支援センター)

土岐市西部地域包括支援センター  57-6661(ウエルフェア土岐)

土岐市東部地域包括支援センター  59-8678(とき陶生苑)

 

ダウンロード

 土岐市では、高齢者虐待のサインに気づき、適切な支援につなぐための手引きとして、高齢者虐待の考え方

や各関係機関の役割、市や地域包括支援センターの対応の流れなどをまとめたマニュアルを作成しましたの

で、ご活用ください。

2019高齢者虐待マニュアル.pdf (PDF 1.07MB)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報