トップ記事「警戒レベル」を用いた避難情報等の運用について

「警戒レベル」を用いた避難情報等の運用について

平成30年7月豪雨を踏まえ、市民の方が適切な避難行動をとれるよう災害の危険度の高まりを直感的に理解しやすくするため、市による避難勧告等の避難情報の発令や、気象庁等による警報等の防災気象情報の発表に際し、5段階の警戒レベルを用いた情報提供が始まります。

警戒レベルについて


警戒レベル
 

とるべき避難行動

行動を促す情報

警戒レベル5


命を守るための最善の行動をとりましょう。
 

災害発生情報
※既に災害が発生している状況

警戒レベル4
全員避難


速やかに避難先へ避難しましょう。
指定緊急避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。
 

避難勧告
避難指示(緊急)

警戒レベル3
高齢者等は避難


避難に時間を要する人(高齢者や障害のある方等)とその家族や支援者は避難しましょう。
その他の人は、避難の準備を整えましょう。
 

避難準備・高齢者等避難開始
警戒レベル2
避難に備え、ハザードマップ等により自らの避難行動を確認しましょう。
 

洪水注意報、大雨注意報等
(気象庁が発表)

警戒レベル1
災害への心構えを高めましょう。
 

早期注意情報
(気象庁が発表)

※警戒レベル4における「避難指示(緊急)」は、地域の状況に応じて緊急的に又は重ねて避難を促す場合などに発令するものですので、必ず発令されるものではありません。「避難勧告」が発令され次第、「避難指示(緊急)」を待たずに速やかに避難をしてください。

詳しくはこちらのチラシ又は、内閣府ホームページをご参照ください。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報