トップ 記事 自転車の安全利用について

自転車の安全利用について

自転車が関係する交通事故は例年、交通事故全体の約2割を占めています。また、自転車乗車中死傷者のうち法令違反が認められる者の割合が5分の3を超える状況にあるなど、自転車利用者の安全意識の向上が求められています。

自転車の違反を繰り返すと「講習」が義務になります

改正道路交通法の施行に伴い、平成27年6月1日から自転車運転中の危険行為を3年間に2回以上くり返した14歳以上の方は、自転車運転者講習を受けることになります。

対象となる危険行為

・信号無視
・遮断踏切立入り
・指定場所一時不停止
・歩道通行時の通行方法違反
・制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
・酒酔い運転
など

自転車安全利用五則を守りましょう

自転車も車の仲間です。交通ルールを守って安全に走行することを心がけましょう

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外
2.車道は左側を通行
3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4.安全ルールを守る
・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
・夜間はライトを点灯
・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
5.子どもはヘルメットを着用

関連リンク

警察庁ウェブサイトへ 「自転車は車のなかま」

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報