トップ 記事 平成28年1月から児童手当や福祉医療などの手続きでマイナンバーが必要になります

平成28年1月から児童手当や福祉医療などの手続きでマイナンバーが必要になります

マイナンバー制度の開始に伴い、子育て支援課窓口での手続きでマイナンバーが必要になります。

各種申請書にマイナンバーを記載していただくこととなりますので、ご自分やご家族のマイナンバーがわかるもの(個人番号カードや通知カードなど)をお持ちください。

 

本人確認方法が変わります

マイナンバーが必要となる手続きでは、従来の運転免許証などによる本人確認に加えて、申請書に記載されたマイナンバーが正しいものかどうかの確認を行いますので、窓口の職員に以下の書類を提示してください。

本人が申請する場合

(1)個人番号カード

(2)「通知カード」と「身分証明書」

(1)、(2)のいずれかを窓口の職員に提示してください。

・個人番号カードは表面に氏名・住所・生年月日・性別・顔写真、裏面にマイナンバーが表示されており、公的な身分証明書として利用できるため、1枚で本人確認とマイナンバーの確認ができます。

・通知カードには顔写真の表示がなく、それだけでは身元の確認ができませんので、あわせて運転免許証などの身分証明書の提示をお願いします。

 

代理人が申請される場合

(1)申請者本人が作成した委任状

(2)代理人の本人確認書類(運転免許証など)

(3)申請者本人の個人番号カード、通知カードまたはマイナンバーが記載された住民票の写し

原則(1)から(3)の全てを窓口の職員に提示してください。

・個人番号カード、通知カードは写しでも構いません。

 

マイナンバーが必要となる主な手続き

マイナンバーが必要となる手続きは以下のとおりですので、窓口にお越しの際には個人番号カードや通知カードなどマイナンバーを確認できるものをお持ちください。

また、申請によってはご家族のマイナンバーが必要となることもありますので、その場合にはご家族のマイナンバーがわかるものをご持参ください。

児童手当の認定請求・児童扶養手当の認定請求・ひとり親家庭等への資金の貸付申請・福祉医療費受給者証交付申請・児童通所サービスの支給申請など

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報