トップ 記事 介護保険分野における番号制度の導入について

介護保険分野における番号制度の導入について

 平成27年10月より住民票を持っている国民一人一人にマイナンバー(個人番号)の通知がされ、平成28年1月から番号制度の利用が開始されます。これにより個人番号の取得・確認を行うため、各申請書に個人番号の記入が必要となります。

 ※各種申請書のダウンロードはこちらから

 それに伴い原則窓口にて下記の書類確認が必要となります。

本人が手続きする場合に必要なもの

①(番号確認)と②(身元確認)をご持参ください

 ① 通知カード、または個人番号カード、またはマイナンバーが記載された住民票の写し

 ② 個人番号カード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書 

   などのうち 1つ

  または

      公的医療保険の被保険者証、年金手帳、介護保険被保険者証、負担割合証

     などのうち 2つ

※ 郵送の場合は上記書類またはその写しを同封してください

代理人が手続きする場合に必要なもの

①(代理権の確認)と②(代理人の身元確認)と③(本人の番号確認)をご持参ください

 ① 委任状、または本人の介護保険被保険者証(または本人に対して官公署等から発行された書類)

 ② 代理人の 個人番号カード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、在留カード、特別永住者証明書、介護支援専門員証

   などのうち 1つ

  または

    代理人の 公的医療保険の被保険者証、年金手帳、介護保険被保険者証、負担割合証

   などのうち 2つ

 ③ 本人の通知カード(コピー可)、または個人番号カード(コピー可)、またはマイナンバーが記載された住民票の写し

※ 郵送の場合は上記書類またはその写しを同封してください

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報