トップ 記事 障がい保健福祉分野における個人番号(マイナンバー)について

障がい保健福祉分野における個人番号(マイナンバー)について

平成28年1月1日より個人番号制度がはじまり、各種手続きの際に、個人番号と身元の確認をさせていただくことになりました。

それぞれの手続きに必要な持ち物に加え、以下の書類の提示をお願いします。


本人が来庁・手続きする場合

以下の1または2のいずれか

  1. 個人番号(マイナンバー)カード
  2. 番号通知カードと身元確認できる書類

 

本人の代わりに代理人が来庁・手続きする場合


以下の1~3まで全て

  1. 委任状(委任状(福祉課).doc (DOC 30.5KB)委任状(福祉課).pdf (PDF 288KB)
    (注1)任意の様式でも可
    (注2)本人の病状等により委任状を書くことが出来ない場合は、官公署等から本人に対し、一つに限り発行された書類(健康保険証など)をお持ちください。

  2. 本人の個人番号カード、もしくは番号通知カード(写し可)

  3. 代理人の身元確認できる書類


 身元の確認できる書類には以下の(ア)または(イ)の書類を提示してください

   (ア)官公署から発行された顔写真入りの書類1点……例)免許証、パスポート、障害者手帳

   (イ)上記以外の書類2点以上……例)健康保険証、介護保険証、年金手帳

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報