トップ 記事 土岐市新庁舎建設基本計画について

土岐市新庁舎建設基本計画について

 平成27年11月から平成28年5月にかけて土岐市新庁舎建設基本計画(以下、「基本計画」という)策定業務を進めてきました。基本計画では、平成27年6月策定の土岐市新庁舎建設基本構想(以下、「基本構想」という)の方針のもと、新庁舎の基本的な考え方をまとめるために、現庁舎の利用状況調査と来庁者アンケート調査の実施、土岐市職員によるワーキンググループ会議の開催や市議会からの意見聴取、市民ワークショップの開催等により与条件整理を行ってきました。

 新庁舎の建設は、現庁舎が抱える問題を解決することだけではなく、今後の土岐市のまちづくりの先導的な役割を果たし、未来へと受け継がれていくべき永続性のある庁舎として整備することが求められています。これからの社会や市民の多様なニーズをしっかりと捉え、新庁舎に導入すべき機能の検討や将来を見据えた配置計画のあり方、さらには安全に事業を推進するための建替え計画の立案、概算事業費の算出等、多角的な検討を行い基本的な方向性を基本計画としてまとめました。

 この基本計画は、今後引き続き進められる基本設計、実施設計を行う際の指針となるものです。

土岐市新庁舎建設基本計画.pdf (PDF 4.63MB)

 

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報