トップ 記事 B型肝炎ワクチン予防接種(個別接種)

B型肝炎ワクチン予防接種(個別接種)

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染によりおこる肝臓の病気で、B型肝炎ワクチンはこの感染を予防するワクチンです。

主な感染経路には、B型肝炎ウイルスを持つお母さんから分娩時にうつる母子感染と、ウイルスに汚染された血液の輸血や性行為などでうつる水平感染があります。また近年、小児への感染経路として、保育園などの集団生活する場や家族内でおこる水平感染が重要視されています。

B型肝炎ウイルスが体に入ると肝炎を起こし、体が疲れやすくなったり黄疸が出たりします。ウイルスが長く肝臓に住み着くと(慢性化・キャリア化すると)、肝硬変や肝がんを起こすため、肝がんの予防にもつながります。

対象者

生後2か月以上1歳未満のお子さん(標準的な接種開始時期:生後2か月から)

※接種対象の誕生月のお子さんには生後1か月頃(出生月の翌月20日頃)に個別案内を郵送します

(注1)1歳未満とは、1歳の誕生日の前日までです。

(注2)母子感染予防のため、抗HBs免疫グロブリンの投与に併せてB型肝炎ワクチンの接種を受けるお子さん、または既に受けたお子さんは、健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。

予防接種の回数・間隔等

標準的には、生後2か月から開始し、27日以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種します。

(注)家庭内感染等の感染のリスクの高いお子さんで、医学的に早期の接種が必要と判断された場合は、2か月以前から接種を開始できます。該当する場合は保健センターへ電話でご連絡ください。

(注)他のワクチンとの同時接種は、医師が必要と認めた場合に行うことができます。

注意事項

  1. 上記の接種時期・間隔等は、標準的な接種時期ですので、時期が異なっても対象年齢内であれば定期接種の対象となります。
  2. 1回目の接種を生後6か月未満で開始しないと、対象年齢内で3回接種することができませんのでご注意ください。

接種方法

  1. 市の指定する医療機関で受けられます。受入れ医療機関へ直接日時を電話で予約のうえ、接種にお出かけください。
  2. 予防接種の当日は、母子健康手帳と予診票を必ずご持参ください。
    持参されないと、予防接種が受けられない場合があります。
    予診票は個別案内郵送時に同封します。

接種場所

平成29年度 個別接種指定医療機関.pdf (PDF 254KB)

ワクチン情報

ワクチンの副反応として、0.1~5%未満で接種部位の局所症状(発赤、疼痛、掻痒感、硬結、熱感、腫脹)や、発熱、頭痛、倦怠感などがみられることがあります。非常にまれに、重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーが、また、頻度は不明ですが、多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、ギランバレー症候群があらわれることがあります。

その他

厚生労働省 B型肝炎ワクチンの定期接種が始まります(リーフレット)

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報