トップ記事春の全国交通安全運動

春の全国交通安全運動

実施期間

5月11日(土曜日)から20日(月曜日)まで

運動の目的

子どもと高齢者の交通事故防止

運動の重点

○子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
・子どもや高齢者を見かけたら「思いやり運転」
・70歳以上の運転者は高齢運転者マークの表示。

○自転車の安全利用の推進
・自転車安全利用五則
(1)自転車は、車道が原則、歩道は例外
(2)車道は左側を通行
(3)歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
(4)安全ルールを守る(飲酒運転・二人乗り・並進の禁止、夜間はライトを点灯、交差点での信号遵守と一時停止・安全確認)
(5)子どもはヘルメットを着用
・自転車の整備点検実施、自転車乗用中のスマートフォン等の操作の禁止等、安全性を確保する
・自転車事故に備えた損害賠償責任保険等への加入促進

○後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・道路交通法では全席のシートベルトの着用と幼児(6歳未満)のチャイルドシート使用が義務付けられています。
・高速乗合バスや貸切バス等に乗車する際も、シートベルトを着用しましょう。
・平成30年中の交通死亡事故におけるシートベルト非着用率は40%でした。非着用者のうち8割強の方は着用していれば命を落とすことはなかったと思われます。
・非着用の危険性
(1)車内で全身を強打する可能性
(2)車外に放り出される可能性
(3)前席の人が被害を受ける可能性

○飲酒運転の根絶             
・お酒を飲んだら運転しない。
・運転する人にはお酒を飲ませない。
・お酒を飲んだ人には運転させない。
・平成30年中の飲酒運転事故関連の死者数は5人(前年対比2人減)、人身事故件数は63件です。

5月20日(月曜日)は交通事故死ゼロを目指す日です

一人ひとりが、交通事故に注意して行動することによって、交通事故をなくしましょう。

 

岐阜県ホームページへリンク

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報