トップ 記事 命をつなぐシートベルト(2016.6.16撮影)

命をつなぐシートベルト(2016.6.16撮影)

6月16日(木曜日)、岐阜県と日本自動車連盟(JAF)岐阜支部主催による、「キッズセーフティ事業が泉町の久尻保育園で行われました。参加した園児33人とその保護者らは、「シートベルト着用効果体験車」に乗車し、時速5キロでの衝突体験をしました。また、JAF指導員や警察官による交通安全講話のほか、保護者へのチャイルドシートの取り付け方講習、反射材の効果体験なども行われました。

参加した保護者からは、「時速5キロでの衝突でも予想以上の衝撃があり驚いた」、「後部座席でもシートベルトの着用を徹底したい」などの声が聞かれ、あらためてシートベルト・チャイルドシート着用の重要性について理解を深めているようでした。

シートベルト効果体験車.jpg 園児の前で説明するJAF指導員.jpg

園児の前で説明する警察官.jpg 反射材の効果を確認.jpg

時速5キロでの衝突に驚く園児.jpg 時速5キロでの衝突に驚く園児2.jpg

  

  

 

 

  

  

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報