トップ 記事 臨時福祉給付金(経済対策分)について

臨時福祉給付金(経済対策分)について

臨時福祉給付金の受け付けは終了しました。

臨時福祉給付金に関して市役所や厚生労働省の職員などを装った不審電話等が、全国で増えています。

もし、不審な電話がかかってきたり、郵便物が届いた場合には、すぐに市の臨時福祉給付金対策室(54-1111 内線168)または多治見警察署(22-0110)にご連絡ください。

臨時福祉給付金を装った詐欺等にご注意ください。

臨時福祉給付金に関して市役所や厚生労働省の職員が、

  • ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすること
  • 給付のための手数料などの振込を求めること
  • キャッシュカードをお預かりすること
  • フリーダイヤルなどへ電話連絡をお願いすること
  • 現時点で世帯構成や金融機関の口座番号を問い合わせること

などは絶対にありません。
もし、不審な電話がかかってきたり、郵便物が届いた場合には、すぐに市の臨時福祉給付金対策室(54-1111 内線168)または多治見警察署(22-0110)にご連絡ください。

*臨時福祉給付金を装った振り込め詐欺等の犯罪防止(厚生労働省)(PDF).pdf (PDF 697KB)

 

臨時福祉給付金(経済対策分)とは

消費税率の引上げによる影響を緩和するため、低所得者に対して、制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として、臨時福祉給付金を支給するものです。

支給対象者及び支給金額

支給対象者

平成28年1月1日時点に土岐市の住民基本台帳に登録されている方で、平成28年度の市民税(均等割)が課税されていない方が対象です。
ただし、ご自身を扶養している方が課税されている場合、生活保護制度の被保護者となっている場合などは対象外です。

支給額

支給対象者1人につき1万5千円を支給します。

申請期間及び申請方法

申請期間

平成29年3月1日から6月1日(当日消印有効)

申請方法

対象になると思われる方へ、ご案内と申請書を送付しました。申請書に記入及び押印のうえ、必要書類を添付して郵送してください。
対象になる方で申請書が届かない等お問い合わせは臨時福祉給付金対策室までお問い合わせください。

配偶者からの暴力(DV)を理由に避難している方へ

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により、基準日(平成28年1月1日)時点で住民票を移すことが出来ていない方のうち、一定の要件を満たす方は、実際のお住まいの市町村に申し出ていただくことにより、次のような措置を受けることができる場合があります。福祉課または子育て支援課にご相談ください。

  1. 住民票のある市町村ではなく、現在実際にお住い(避難先)の市町村に臨時福祉給付金の申請を行うことができます。
  2. 申し出を行った方の臨時福祉給付金については、配偶者等からの代理申請はできなくなります。

関連リンク

厚生労働省臨時福祉給付金ホームページ(別ウィンドウで開きます)

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報