トップ 記事 入院時の食事代(国民健康保険)

入院時の食事代(国民健康保険)

入院するときには、医療費の一部負担金のほか、食事代として1食分あたり定められた標準負担額を負担します。

食事代の標準負担額

所得区分

1食

あたり

住民税課税世帯

360円

住民税非課税世帯
低所得者2

過去12か月
の入院日数

90日までの入院

210円

90日を超える入院((注1)長期該当認定)

160円

低所得者1

100円

(注1)長期該当認定について

「限度額適用・標準負担額減額認定証または標準負担額減額認定証」の交付を受けた方のうち、70歳未満で住民税非課税世帯の方および低所得者2に該当する方は、過去1年の入院日数が90日を超える場合、91日目から食事代がさらに減額されます(長期該当認定)。長期該当定を受けるには、申請手続きが必要です。

手続きに必要なもの

  • 限度額適用・標準負担額減額認定証または標準負担額減額認定証
  • 本人確認書類(国民健康保険の各種手続きにおける本人確認について
  • 印鑑(朱肉を使用するもの。スタンプ印は不可。)
  • 領収書等(食事代を支払ったことや入院日数が証明できるもの)
  • 個人番号カードまたは個人番号通知カード
  • 別世帯の方が手続きする場合は、委任状

受付窓口

市民課保険年金係(国民健康保険担当)

リンク

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報