トップ 記事 国民健康保険の各種手続きにおける本人確認について

国民健康保険の各種手続きにおける本人確認について

平成28年1月1日に施行された「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」により、国民健康保険の手続きの際にマイナンバー(個人番号)の記載が必要となりました。また、マイナンバーの記載を伴う手続きでは、本人確認をさせていただくことが義務付けられております。

国民健康保険においては、その保険証が各種行政手続き及び民間取引の本人確認書類の一部として利用されていることや、なりすまし等の不正行為防止のため、すべての手続きの際に、窓口に来ていただいた方の本人確認を実施いたします。

皆様のご理解とご協力をお願いします。

本人確認書類の例

1点でよいもの 2点以上必要なもの
  • 運転免許証(運転経歴証明書も可)
  • 旅券(パスポート)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 顔写真あり住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 官公署が発行した免許証等(顔写真があるものに限る。障害者手帳・療育手帳・雇用保険受給資格者証等。)
  • その他市長が認めたもの。
  • 健康保険証
  • 介護保険証
  • 年金手帳・年金証書
  • 生活保護受給者証
  • 顔写真なし住民基本台帳カード
  • 官公署が発行した資格証明書(1に掲げる書類を除く。福祉医療費受給者証等。)
  • 住民票の写し
  • 戸籍謄本・抄本
  • その他本人の氏名・住所等が記載された書類(学生証・民間会社の社員証・預金通帳・診察券・市役所から郵送された郵便物等。)

(注)保険証の受領に際しては、「1点でよいもの」で本人確認ができませんと、窓口ではなく郵送(簡易書留)でのお渡しとなります。

国民健康保険に関する届出

国民健康保険では、世帯主が各種届出を行わなければなりません。ただし、世帯主が届出できない場合は、世帯主以外の方でも届出できます。

同一世帯でない方が届出をする場合は、各種手続きに必要なものに加えて、代理人であることを証明するもの(委任状等)が必要です。

リンク

[保険年金係] 委任状(国民健康保険用)

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報