トップ 記事 ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン予防接種(個別接種)

ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン予防接種(個別接種)

乳幼児期に死亡又は重篤な後遺症を残すことのある小児細菌性髄膜炎の原因は、インフルエンザ菌b型(ヒブ)の感染と肺炎球菌の感染が大半を占めているといわれています。これらの細菌は、髄膜炎以外にも肺炎や敗血症といった重症感染症を起こすことがあります。発症及び重症化を予防するためには、ワクチン接種による感染予防が重要です。

対象者

生後2か月以上5歳未満 (標準的な接種開始:生後2か月以上7か月未満)

(注1)5歳未満とは、5歳の誕生日の前日までです

(注2)生後1か月頃(出生月の翌月20日頃)に個別案内を郵送します。

予防接種の回数・間隔等

(注)ワクチンの同時接種は、医師が必要と認めた場合に行うことができます

接種開始月齢 回数 間隔
ヒブワクチン
2か月以上7か月未満 初回(3回)

27日(医師が必要と認めるときは20日)以上、標準的には56日までの間隔

((注)2回目及び3回目の接種は1歳を超えた場合は行わない。追加接種は実施可能)

追加(1回)

初回接種(3回)から7か月以上、標準的には13か月の間隔

((注)1歳未満に2回目、3回目が接種できなかった場合は、初回接種の最後の注射から27日《医師が必要と認めるときは20日》以上の間隔をおく。)

7か月以上12か月未満 初回(2回)

27日(医師が必要と認めるときは20日)以上、標準的には56日までの間隔

((注)2回目の接種は1歳を超えた場合は行わない。 追加接種は実施可能。)

追加(1回)

初回接種(2回)から7か月以上、標準的には13か月の間隔

((注)2回目の接種 が1歳を超えた場合は、初回接種の最後の注射から27日《医師が必要と認めるときは20日》以上間隔をおく。)

1歳以上5歳未満 1回 記載なし
接種開始月齢 回数 間隔
小児用肺炎球菌ワクチン
2か月以上7か月未満 初回(3回)

標準的には1歳までに、27日以上の間隔

((注)2回目及び3回目の接種は2歳を超えた場合は行わない。 追加接種は実施可能。
(注)2回目の接種が1歳を超えた場合、3回目の接種は行わない。 追加接種は実施可能。)

追加(1回)

初回接種(3回)から60日以上の間隔をおいて1歳以降に接種

(標準的には生後12~15か月未満)

7か月以上12か月未満 初回(2回)

標準的には生後13か月までに、27日以上の間隔

((注)2回目の接種は2歳未満に完了する。 それを超えた場合は行わない。 追加接種は実施可能。)

追加(1回) 初回接種(2回)から60日以上の間隔をおいて1歳以降に接種
1歳以上2歳未満 2回 60日以上の間隔
2歳以上5歳未満 1回 記載なし

接種方法

  1. 市の指定する医療機関で受けられます。受入れ医療機関へ直接日時を電話で予約のうえ、接種にお出かけください。
  2. 予防接種の当日は、母子健康手帳を必ずご持参ください。
    持参されないと、予防接種が受けられない場合があります。
    予診票は医療機関に用意してあります。

接種場所

平成29年度 個別接種指定医療機関.pdf (PDF 254KB)

ワクチンの情報

予防接種を受ける前に、次の説明文を必ずお読みください。

ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンについて.pdf (PDF 76.3KB)

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報