トップ 記事 つつが虫病に注意しましょう

つつが虫病に注意しましょう

つつが虫病患者の発生は10月~11月に集中しています

 岐阜県では、毎年20例程度のつつが虫病患者が報告されています。全国的にみて患者発生の多い状況にあります。県内のつつが虫病患者の発生は10~11月に集中しており、感染に注意が必要です。

こんなときにつつが虫病に感染することがあります

畑や山林・草むら等に多く生息し、農作業や山登り・ハイキング、庭仕事・草刈りに感染することがあります。

症状・感染予防

<症状>高熱・発疹・刺し口

※症状は感染してから5~14日後にあらわれます。症状が出たときは速やかに医療機関を受診し、畑や山林での行動について医師に伝えてください。

<感染予防>

 長袖・長ズボンなどを着用し、肌の露出を少なくする。

 外から帰ったら入浴して体を洗い流す。

 脱いだ衣類はすぐに洗濯する。


つつが虫病啓発資料.pdf (PDF 963KB)

 

 

 

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報