トップ 記事 都市計画法に基づく開発について

都市計画法に基づく開発について

開発行為とは

都市計画法に規定する開発行為とは、主として建築物の建築又は特定工作物を建設する目的で行う、土地の区画形質の変更のことをいいます。開発行為に該当するか否かは、建築物の建築又は特定工作物を建設する目的で行う「土地の区画形質の変更」の有無により判断します。

開発許可が必要な行為

開発行為の許可が必要なものは次のとおりです。

開発面積 3,000平方メートル以上

また、次のような場合は許可は不要です。(都市計画法第29条第1項各号)

  • 開発面積が、3,000平方メートル未満の開発行為
  • 農業用住宅などの建築を目的とする開発行為
  • 医療施設などの公共施設の建築を目的とする開発行為
  • 土地区画整理事業などの各法令に基づく事業による開発行為
  • 災害応急措置としての開発行為

など
開発申請のフロー(PDF 44.7KB)

開発許可以外に必要な協議

都市計画法に規定する開発許可申請と同時に「土岐市土地開発指導要綱 (PDF 16.9KB)」に規定する協議が必要となります。
また、その他関係法令等の協議が必要となる場合もあります。

許可申請の手続き

都市計画法の許可を受けようとするときは、「開発行為許可申請書(正1部・副2部)」に必要な図面と書類を添えて提出してください。
詳しくは、都市計画課までお尋ねください。

開発許可事務の手続のフロー (PDF 29.5KB)
開発許可の申請等の様式

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報