トップ 記事 公共下水道計画

公共下水道計画

公共下水道計画と整備状況

土岐市では昭和48年に公共下水道事業に着手し、昭和60年に土岐市御幸町3丁目にある浄化センター(汚水処理場)を供用開始し、順次下水道整備を行っております。直近では平成21年度に計画変更を行ない、全体計画は平成37年度を目標に計画処理面積(汚水)を2,270haとしました。事業計画は、全体計画に基づき、事業計画認可の変更を行ない、計画処理面積(汚水)を1,973haとし段階的(平成27年度まで)に下水道整備を進めるものです。

段階的下水道整備
  全体計画 下水道法認可 H26年度末現在の整備状況
目標年次 H37年度 H27年度
雨水 排水面積 1,971ha 1,832ha 1,642ha
雨水調整池数 1箇所 1箇所 1箇所
汚水 処理面積 2,270ha 1,973ha 1,718ha
処理人口 51,000人 53,426人 50,441人
処理水量(日最大) 27,100m3/日 25,200m3/日 14,803m3/日
管渠延長 汚水管 (438km) (391km) 341km
雨水管 (31km) (29km) 29km
処理方式 凝集剤併用ステップ流入式多段硝化脱窒法 標準活性汚泥法 凝集剤併用ステップ流入式多段硝化脱窒法 標準活性汚泥法 凝集剤併用ステップ流入式多段硝化脱窒法
処理場敷地面積 46,320m2 46,320m2 46,320m2
処理施設能力(日最大) 27,100m3/日 26,000m3/日 19,900m3/日
汚泥処理方式 濃縮 脱水 濃縮 脱水 濃縮 脱水
汚泥処分方法 有効利用 有効利用 有効利用
高度処理の方式 一部有 一部有
ポンプ場設置 汚水 0箇所 0箇所 0箇所
雨水 0箇所 0箇所 0箇所

※土岐市は将来的に人口減少となる想定をしているため、処理人口について全体計画処理人口が事業計画処理人口に比べ減少しています。

※( )については、これまでの実績を基に計画管渠延長を求めた想定数値です。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報