トップ 記事 東濃西部広域行政事務組合とは

東濃西部広域行政事務組合とは

本組合は正式には「東濃西部広域行政事務組合」といい、土岐市・多治見市・瑞浪市の東濃西部の三市が、共同で事務をするために作った組合で、地方自治法上は一部事務組合という特別地方公共団体になります。「一部事務組合」「特別地方公共団体」など難しい言葉が出てきましたが簡単に説明すると、広域行政事務組合とは、自治体(市や町)が単独ではできない事務や、共同で行った方が効果的、効率的な事務をするために、複数の自治体でつくる組合です。全国的には、村や町がゴミやし尿の処理、消防などの業務が単独の自治体ではできないので、組合を作って共同で行っているケースが多いようです。東濃西部広域行政事務組合では、規約により次の7つの事務を行っています。

  1. 三市の職員研修
  2. ふるさと市町村圏基金の管理運営
  3. 東濃看護専門学校の管理運営
  4. 青少年の健全育成及び非行防止(東濃西部少年センター)
  5. 広域産業観光
  6. 畜犬登録及び狂犬病予防
  7. 東濃地域医師確保奨学資金等の貸付等に関する事務

東濃西部広域行政事務組合
〒507-8708 岐阜県多治見市日ノ出町2丁目15 
多治見市役所内 東濃西部広域事務組合   

電話番号:0572-22-1111

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報