トップ 記事 国民年金に加入する人

国民年金に加入する人

国民年金に必ず加入しなければならない人とは

日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人です。
被保険者(加入する人)は、第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者の3種類に分けられています。

  • 第1号被保険者:自営業、自由業、学生、無職の人など(20歳~60歳未満)
  • 第2号被保険者:厚生年金保険、共済組合に加入している会社員、公務員など(20歳~60歳未満)
  • 第3号被保険者:厚生年金保険、共済組合の加入者に扶養されている配偶者(20歳~60歳未満)

国民年金に任意加入できる人(希望して加入する人)とは

  1. 日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の人
  2. 海外に在住している20歳以上65歳未満の日本人
  3. 厚生年金や共済組合から老齢(退職)年金を受けている60歳未満の人
  4. 1.2.の人で、65歳時点で老齢基礎年金の受ける要件を満たしていない70歳未満の人

関連リンク

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報