トップ 記事 国民年金保険料の納付

国民年金保険料の納付

国民年金保険料はいくらになりますか

国民年金の保険料は、年齢や所得と関係なく一律で、平成29年度の定額保険料は1ヶ月16,490円です。

被保険者の種類による納付方法の違い

第1号被保険者

日本年金機構から送付される納付書で、全国の銀行、郵便局、農協、漁協、信用組合、信用金庫、労働金庫で直接納めます。

第2号被保険者

厚生年金保険、共済組合から必要な額だけ拠出金としてまとめて支払われるので、個別に納める必要はありません。

第3号被保険者

厚生年金保険、共済組合から必要な額だけ拠出金としてまとめて支払われるので、個別に納める必要はありません。

第1号被保険者が保険料を納めるのにお得で便利な方法

前納制度

毎年4月末日(非営業日の場合は翌営業日)までに1年分の保険料を納付書で前納されますと、毎月納付した場合に比べ3,510円お得になります。
また、年度の途中でも3月分まで前納できる制度もあります。ただし、前納の金額は毎年変わりますのでご注意ください。

口座振替制度

銀行などの預金口座から毎月自動的に引き落とされ、納め忘れがなく納めに行く手間がかからない口座振替制度もありますのでご利用ください。
お申し込みは、預金口座のある金融機関、郵便局、年金事務所に預金通帳、届出印、納付書もしくは年金手帳をお持ちください。

口座振替制度を利用するとさらにお得に

口座振替割引(早割)制度

納付対象月の当月に口座振替を行なうと、翌月に口座振替を行なう場合に比べ50円お得になります。

口座振替による前納制度

通常の各月納付と比べると安くなります。振替日と申込期限にご注意ください。

前納制度について
前納の種類 納付する保険料 割引額 振替日 申込期限
2年前納 4月分~翌々年3月分 15,640円 4月末日 2月末日
1年前納 4月分~翌年3月分 4,150円 4月末日 2月末日
半年前納 4月分~9月分

2,240円

(半年分)

4月末日 2月末日
10月分~翌年3月分 10月末日 8月末日

【インターネットやクレジットカードでも納付できます】

インターネットで納付

パソコンや携帯電話を利用して、インターネットで保険料を納めることができます。
金融機関とのインターネットバンキングの契約が必要となりますので、ご利用の金融機関へお問合せください。

クレジットカードで納付

希望される場合は、最寄の年金事務所へお申込みください。
対象となる保険料は、「定額保険料」及び「付加保険料込みの定額保険料」で、保険料の一部を免除されている場合は利用できません。また、過去の未納保険料を納めることはできません。

【現金・クレジットカードの2年前納について】

平成29年4月より、現金・クレジットカードによる2年前納が始まりました。
現金で2年前納を希望される方は3月末までに、クレジットカードで2年前納を希望される方は2月末までに最寄りの年金事務所へお申込みください。

注)平成29年度中に申し込みできるのは、平成30年度からの2年前納分です。

関連リンク

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報