トップ 記事 固定資産税・都市計画税額の算定について

固定資産税・都市計画税額の算定について

  1. 土地・家屋・償却資産の課税標準額を固定 資産税と都市計画税に分けて合計し(償却資産は固定資産税に含まれます)、千円未満を切り捨てた額に税率(固定資産税は1.4 %、都市計画税は0.3 %)をかけます。
  2. 1. で合計した固定資産税・都市計画税の額からそれぞれの軽減税額を差し引き、百円未満を切り捨てた額が本年度の年税額となります。
  3. 年税額を期別で納めていただく場合は、2. で算出した年税額を4で割り、千円未満を切り捨てたものが第2期以降の税額となり、年税額から第2期以降の税額を引いた残りが第1期の税額となります。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報