トップ 記事 出産したとき(国民健康保険)

出産したとき(国民健康保険)

出産育児一時金が支給されます

国民健康保険の被保険者が出産したときには、出産育児一時金42万円が支給されます。ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関等において出産した場合には40万4千円となります。

(注)妊娠12週(85日)以降であれば死産・流産でも支給されます。

同一の出産につき、健康保険法、船員保険法、国家公務員共済組合法(他の法律において準用し、又は例による場合も含む。)又は地方公務員等共済組合法の規定によって、出産育児一時金に相当する給付を受けることができる場合、国民健康保険からは支給されません。

出産育児一時金の直接支払制度

【平成21年10月施行】

高額な出産費用にかかる経済的負担の軽減を図るための制度です。医療機関等から請求される出産費用は、42万円(あるいは40万4千円)の範囲内で、国民健康保険から医療機関等へ直接支払われます。

  • 医療機関等への直接支払いを希望される方:医療機関等の窓口にお申し出ください。
  1. 出産費用が42万円(あるいは40万4千円)を超える場合は、その超過分を医療機関等の窓口でお支払いください。市民課保険年金係(国民健康保険担当)または支所での出産育児一時金にかかる手続きはありません。
  2. 出産費用が42万円(あるいは40万4千円)未満の場合は、市民課保険年金係(国民健康保険担当)または支所でその差額分を支給申請してください。
  • 直接支払いを希望されない方:医療機関等の窓口で出産費用を支払い、後日、市民課保険年金係(国民健康保険担当)または支所で一時金を支給申請してください。

上記2.および直接払いを希望されない方ついて

手続きできる方

出産した方の属する世帯の世帯主および世帯員。

(注)別世帯の方が手続きする場合は、委任状が必要です。

手続きに必要なもの

  • 国民健康保険出産育児一時金請求書(市役所または支所にあります。)
  • 本人確認書類(注)国民健康保険の各種手続きにおける本人確認について
  • 母子健康手帳
  • 印鑑(朱肉を使用するもの。スタンプ印は不可。)
  • 預金通帳等振込先の金融機関名、口座番号、口座名義がわかるもの
  • 死産、流産の場合は、医師の証明書
  • 上記2.の方については、出産費用を支払った際の領収書
  • 別世帯の方が手続する場合は、委任状

リンク

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報