トップ 記事 軽自動車税の税率

軽自動車税の税率

軽自動車税の税率が変わります。

軽自動車税は、毎年4月1日現在の原動機付自転車、軽自動車等の所有者に課される税金で、税額は種類別に1台当りの年額で定められています。税額の月割りはありませんので、4月2日以降に廃車や名義変更をしても、1年分の税金がかかります。

原動機付自転車及び二輪車等

平成28年度から以下のように税率が変わりました。
当初、平成27年度課税より税率が変更される予定でしたが、平成27年度の税令改正により1年延期されました。

車種(区分) 年税額
平成27年度まで 平成28年度から
原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円
小型特殊自動車 農耕作業用 1,600円 2,400円
その他のもの 4,700円 5,900円
二輪の軽自動車(125cc超250cc以下) 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車(250cc超) 4,000円 6,000円

三輪及び四輪以上

◆平成28年度から導入されています。

車種(区分) 年税額
(1)旧税率 (2)現行税率
四輪以上 乗用(営業用) 5,500円 6,900円
乗用(自家用) 7,200円 10,800円
貨物(営業用) 3,000円 3,800円
貨物(自家用) 4,000円 5,000円
三輪 3,100円 3,900円
(1)旧税率
平成27年3月31日以前に初めて車両番号の指定を受けた車両で、その指定を受けた月(※1)から起算して13年経過するまで適用されます。
(※1)「その指定を受けた月」とは、初めて車両番号の指定を受けた月であり、自動車検査証の「初度検査年月」になります。
(2)現行税率
平成27年4月1日以降に初めて車両番号の指定を受ける車両に適用され、13年経過するまで適用されます。

◆グリーン化を進める観点から環境負荷の大きい自動車(ただし、「燃料の種類」が電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリン電力併用の軽自動車及び被けん引自動車は除く。)について平成28年度から重課が導入されます。

車種(区分) 年税額
(3)重課税率
四輪以上 乗用(営業用) 8,200円
乗用(自家用) 12,900円
貨物(営業用) 4,500円
貨物(自家用) 6,000円
三輪 4,600円
(3)重課税率
初めて車両番号の指定を受けた月から13年経過した車両に翌年度から適用されます。

(例)車検証

自動車検査証記載の初度検査年月 重課税適用年度
平成14年 平成28年度
平成15年~平成16年3月 平成29年度
平成16年4月~平成17年3月 平成30年度から

上の表以外の初度検査年月の方は 関連資料「税額早見表四輪(乗用・ 自家用)」をご参照ください

◆燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)が導入され、平成28年4月1日から平成29年3月31日までに初めて車両番号の指定を受けた三輪以上の軽自動車に対して税率が平成29年度のみ以下のように変わります。

車種(区分) 年税額(平成29年度のみ)
(4)電気自動車及び天然ガス自動車 (5)ガソリン車・ハイブリッド車 (6)ガソリン車・ハイブリッド車
四輪以上 乗用(営業用) 1,800円 3,500円 5,200円
乗用(自家用) 2,700円 5,400円 8,100円
貨物(営業用) 1,000円 1,900円 2,900円
貨物(自家用) 1,300円 2,500円 3,800円
三輪 1,000円 2,000円 3,000円
(4)電気自動車及び天然ガス自動車
平成21年天然ガス車基準に適合し、窒素酸化物の値が10%低減車
(5)ガソリン車・ハイブリッド車
乗用:平成32年度燃費基準+20%達成車
貨物:平成27年度燃費基準+35%達成車
(6)ガソリン車・ハイブリッド車
乗用:平成32年度燃費基準
貨物:平成27年度燃費基準+15%達成車
(5)及び(6)は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限ります。
 

関連資料

関連リンク

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報