トップ 記事 軽自動車税Q&A

軽自動車税Q&A

Q 4月10日に軽自動車を廃車したのに、納税通知書が届きました。税金を納めないといけないのですか?

A 軽自動車税は毎年4月1日現在の所有者に課税されます。
今年の4月1日現在は軽自動車を所有していたことになりますので、今年度の軽自動車税は納めていただくことになります。なお、軽自動車税には月割課税制度がありませんので、年税額を納めていただくことになります。

Q バイクを他人に譲ったのに、納税通知書が届きました。どうしてですか?

A バイクを知人に譲ったときに、名義変更の手続きをされましたか?
名義変更をされないと、所有者が変わりません。このため、4月1日(賦課期日)に所有者として登録されているあなたに納税通知書が届くことになります。
バイクを譲渡された場合には、トラブルをさけるためにも関係機関で必要な手続きをしてください。

Q バイクが盗難にあいました。どうすればよいですか?

A 直ぐに最寄の警察署に盗難届を出してください。その際、届出の日付と盗難届の受理番号を確認しておいてください(税務課での手続きの際、必要になります)。その後、税務課で必要な手続きをしてください。手続きをされないと、そのまま課税されてしまいます。また、バイクが発見された場合にも、手続きが必要になります。
なお、バイクのナンバープレートのみの盗難も多発しています。ナンバープレートを再交付する際にも上記の手続きが必要になります。

Q 車検を受けたいのですが、納税証明書がありません。どうすればよいですか?

A 車検用納税証明書を発行いたしますので、税務課又は支所で申請してください(無料です)。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報