トップ 記事 乙塚古墳・段尻巻古墳

乙塚古墳・段尻巻古墳

乙塚古墳

乙塚古墳の写真

直径27.3m、高さ6.6mの円墳で、東濃にある500を超える古墳の中で最も立派な石室をもつ古墳として知られています。大型の花崗岩の切石を積み上げて長さ12.3mの石室をつくり、遺体を納めた玄室は、長さ5.2m、幅2.6m、高さ2.7mを誇っています。近年、土岐市埋蔵文化財センターによって調査が行われ、東濃では極めて少ない方墳である可能性があるといわれています。乙塚古墳には、第12代景行天皇が美濃へ行幸した際に見初めた八坂入彦命(やさかいりひこのみこと)の弟姫(おとひめ)が葬られたと伝えられ、弟姫に代わって姉の八坂入姫(やさかいりひめ)が景行天皇の妃になったといいます。国史跡に指定されています。

段尻巻古墳

段尻巻古墳の写真

乙塚古墳の北西約70メートルに位置する古墳です。現状では直径約12.8メートル、高さ約3.6メートルをはかるが、削平のため墳形がやや損なわれています。石室は、南に向かって開口する横穴式石室であり、石室の規模は、全長8.7メートル以上、玄室長約3.7メートル、幅約1.7メートル、高さ約1.8メートル、羨道長は5.0メートル以上、幅約1.4メートル、高さ約1.8メートルです。奥壁には幅約1.7メートルの一枚岩を用いており、側壁は奥壁側で3段、玄門側で4段に石材を積み上げており大半は花崗岩を使用しているが、一部にチャートの円礫が使用されている点が乙塚古墳と共通しています。7世紀前半から中頃に造営されたと考えられ国史跡にも指定されています。

アクセス

JR土岐市駅より徒歩15分

土岐市史跡めぐりコース(2)

  • 元屋敷登り窯などの国指定史跡を訪ねて

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報