トップ 記事 納税証明

納税証明

証明書の種類と内容

  • 市県民税納税証明  市県民税を納付したことの証明(ただし年度ごと)
  • 固定資産税納税証明 固定資産税を納付したことの証明(ただし年度ごと)
  • 軽自動車税納税証明 軽自動車税を納付したことの証明(ただし年度ごと)
  • 車検用納税証明   軽自動車の車検用の証明
  • 法人市民税納税証明 法人市民税を納付したことの証明(ただし事業年度ごと)
  • 完納証明書     証明日現在において、課税された税金(市県民税、固定資産税、軽自動車税、法人市民税)について未納税額がないことの証明

申請できる方及び申請に必要なもの

市税に関する証明は、個人や法人の秘密にかかわることですので、本人以外の方が申請される場合は、納税義務者等本人の承諾がなければ証明書を発行することができません。

  申請者 申請に必要なもの
個人の証明の場合 本人 申請者の本人確認ができるもの
相続人 被相続人が死亡したことのわかる書類及び相続人であることがわかる書類及び相続人の本人確認ができるもの
本人と同一世帯の親族 申請者の本人確認ができるもの
代理人 本人の自署・押印した委任状及び申請者の本人確認ができるもの
法人の証明の場合 法人の代表者
  1. 法人印
  2. 申請者の本人確認ができるもの及び法人の代表者であることがわかる書類
代理人 法人印の押印した委任状及び申請者の本人確認ができるもの
  • 申請者の本人確認ができるものとは?
    運転免許証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)外国人登録証明書等
  • 被相続人が死亡したことのわかる書類及び相続人であることがわかる書類とは?
    戸籍謄・抄本、戸籍の記載事項証明等
  • 法人の代表者であることがわかる書類とは?
    商業・法人登記簿謄本等

申請時間、申請場所

申請時間
平日(土曜日、日曜日、祝祭日等を除く)の午前8時30分から午後5時15分まで。
申請場所
市役所税務課又は支所

申請時の注意事項

  • 銀行などで納めた税金が市に送金されるまでに一定の期間(最長で2週間程度)がかかるため、納付して間もない申請の際は、お手数ですが領収書(口座振替の場合は記帳済の通帳)など納付が確認できるものをお持ちください。
  • 滞納している市税を全て納めても、延滞金が未納の場合は完納証明書は発行できませんので、納付の際に延滞金の額についてもご確認の上、併せてお納めください。

関連リンク

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報