トップ 記事 中馬街道

中馬街道

中馬街道の写真

国道363号に沿って残る「中馬街道曽木地内」は馬頭観音をはじめいくつもの石仏や道祖神に見守られた、江戸時代初期の商業道路です。中馬の名称は、江戸時代前期に信州伊那谷の農民が農閑期に自分の馬や牛で荷物を運ぶ賃稼ぎを行っていたことに由来します。現在は国道363号沿いの整備が進み当時の面影を残す箇所は少なくなってきています。

所在地

土岐市曽木町周辺

アクセス

中央自動車道土岐ICより車で30分

関連資料

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報