トップ 記事 資源物の出し方

資源物の出し方

当日の朝8時30分までに決められたゴミステーションにお出しください。

紙類

主なもの

  • 新聞紙
  • 雑誌類・・・雑誌、本、パンフレット、郵便物、包装紙など(新聞、ダンボール、牛乳パック以外のもの)
  • ダンボール・・・ダンボール箱、厚手のボール紙、食品・菓子などの紙箱など
  • 飲料用紙パック・・・牛乳パック、ジュース、お茶などの紙パック

出し方の注意

  • 種類ごとに分けて、ひもで十文字に縛る。
  • 雨天日の際は、ダンボール等厚手の紙を上に乗せ、濡れないようにする。
  • ファイルや書類に使用している金具やホチキスは取り除く。
  • 紙パックは中を洗い、糊付け部分から開き乾かした後、縛る。

資源化できない紙(禁忌品)

  • ビニールコートした紙、ワックス紙(紙コップなど)、感熱紙(ワープロ・ファックス用紙)、カーボン紙、ノンカーボン複写紙、防湿加工紙、写真、油紙などの溶けない紙、薬品が使用された紙および汚れた紙
  • 紙パックのうち、内側にアルミ張り・ビニール張りがされているもの
    ※これらの紙は、燃えるごみに。

缶類

主なもの

  • 飲料用空缶・・・・ジュース、ビールなどの飲料用。
  • 缶詰め缶・・・・・中を洗う。
  • 菓子缶・・・・・・中を空に。
  • お茶缶・・・・・・紙が張ってある物は燃えないごみに。

出し方の注意

  • 錆びてボロボロになった物、汚れた物は、燃えないごみに。
  • 空缶類で回収できるものは、約4リットルまで。
  • スチール缶、アルミ缶は混ざったままで。(回収後機械選別します。)
  • 空缶回収容器に入れる。容器がいっぱいの時は、指定ごみ袋で。
    (特につぶす必要はありませんが、つぶす場合は軽くつぶす程度にし、回収容器に。)
    ※次のものは入れない。
    • 鉄製、アルミ製などの調理用器具(なべ、フライパン、やかんなど)
    • インスタント食品用の簡易アルミなべ
    • エンジンオイルなどの油缶や中身が入っているもの

繊維類

主なもの

  • 古着、布きれなど
    ※輸出され再度使われるもの、機械整備用布などに利用されるものです。利用する立場で判断して出す。

資源化できないもの

  • 布団、毛布、くつした、ストッキング、じゅうたん、クッション、ネクタイ、ぬいぐるみ、シーツ

出し方の注意

  • 指定ごみ袋にいれて、口元を固く縛り、濡れないようにする。
  • 汚れたもの、濡れたものは出さない。
  • ボタンやファスナーは取らない。
  • 出されるものは、必ず洗濯済のものを出す。

リターナブルびん(生きびん類)

主なもの

  • ビールびん、一升びん、ジュースびん等の洗って繰り返し使うびん。

出し方の注意

  • できるだけ販売店へお戻しください。
  • 資源回収に出される時は、中身は必ず空にし、かるくゆすぐ。
  • 割れたものは危なくないようにして雑びん類に。

ワンウェイびん(雑びん類)

主なもの

  • 酒びん(一升びん以外のもの)
  • ワイン・ウイスキーびん
  • ドリンクびん
  • 調味料びん
  • ジュースびん(生きびん以外)
  • 飲食用品のびん

出し方の注意

  • 「透明びん」「茶色びん」「その他色びん」に分ける。
  • 中身を空にして、かるくゆすぐ。
  • 油等で汚れているもの、金属製のふた、キャップ等は燃えないごみに。
    ※コップ、板ガラス、電球、鏡、化粧品びん等は、燃えないごみに。

ペットボトル

主なもの

  • PETマークのある飲料用ボトルや酒類、醤油ボトルが対象です。その他のものは燃えるごみに。

出し方の注意

  • キャップをとり、中をかるくゆすぐ。
  • 特につぶす必要はありませんが、つぶす場合は軽くつぶす程度にし、回収容器に。
  • 容器が一杯なときは、指定ごみ袋で。
    ※汚れたもの、マジック等で着色したもの、ソースやたれの容器は燃えるごみに。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報