トップ 記事 鈴木又一

鈴木又一

2000年に美濃陶芸村に2つ目の陶房をつくりました。自然に囲まれ四季の香りを肌で感じられ心穏やかな気持ちになり「毎日の食卓に出番の多い器」を心がけて作っています。 この機をきっかけに、干支の香合を作り始め、また、粉引きに興味を持ち鉄分の多い赤土を使い仕事に励んでいます。陶房内にある「また壱の店」で販売もしています。気軽にお立ち寄りくだい。

鈴木 又一

鈴木又一氏の写真

 

粉引 菓子鉢

鉄分の多い赤土を使っているためプツプツと黒く斑点が出ているのが特徴です。

鈴木又一氏作品(3)粉引菓子鉢の写真

泥ぬりの太手マグ

磁器土に、2色の泥で絵柄をつけています。

鈴木又一氏作品(2)泥ぬりの太手マグの写真

取り鉢

赤土と白土を交互に張り合わせに作ってあります。

鈴木又一氏作品(1)取り鉢の写真

関連資料

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報