トップ 記事 ごみの出し方

ごみの出し方

燃えるごみ(週2回)

ごみの種類 出し方
 プラスチックごみ、生ごみ・台所ごみ、木くず・木製品、ゴム・皮革製のごみ、紙くず、布団・毛布・ジュータン
  • 紙類の多くは、資源物になります。
  • 生ごみは、よく水切りをしてください。
  • 木くず・木製品は、長さ1m厚さ10cm以下にしてください。
  • 布団・毛布・ジュータンは、座布団程度に切ってください。
  • 白色トレーは販売店の店頭回収、又は市役所・各支所の回収ボックスへ。

燃えないごみ(月2回)

ごみの種類 出し方
金属くず、ガラスくず、陶磁器くず、鏡、電化製品(小型)、木製以外の家庭用品・器具、ジュース・ビールなどのふた、乾電池、小型掃除機 
  • 飲食用のびん・缶は、資源物に出してください。
  • スプレー缶や、カセットボンベ・ライター等は使いきり燃焼ガスのない状態にして出してください。
  • 危険なもの(ガラス・カミソリ・刃物など)は、必ず安全な方法で出してください。

資源物(月1回)

ごみの種類 出し方
  びん、缶、ペットボトル 
生きびん類
一升びん、ビールびん、ジュース、コーラびん
雑びん類
ドリンクびん、酒びん、調味料びん等、飲食用のびん
缶類
ジュースやビール、缶詰などの飲食用の缶
紙類
 
繊維類
 
ペットボトル
 
  • びんは、ふたを取ってサッと水洗いしてください。
  • 陶磁器や飲食用びん以外のびん・ガラスは燃えないごみに出してください。 
  • 回収は、容器を配布する場所でのみ行います。 
  • 袋から出して、専用の容器に入れてください。
  • 紙類は種類ごとに、十文字にかたくしばってください。
  • 生きびん類は、販売店へ戻してください。
  • 紙・繊維類は、地域で実施される集団回収へご協力をお願いします。
  • ペットボトルはキャップをはずし、中を水洗いしてつぶして、専用の容器にいれてください。
    (集団回収を実施する公共団体に市から奨励金が助成されます。)

粗大ごみ(月1回指定の日)

ごみの種類 出し方
自転車、金属製の家具・器具(中型) 
  • 環境センターに電話で申し込み、指定の日に粗大ごみを出す場合は、必ず町内名、氏名を記入した用紙を粗大ごみに掲示してください。
  • 粗大ごみは、買い換えの時に購入先に引き取ってもらうようにしてください。
  • 重さ50kg程度以上のものは、収集できません。 
  • 木製の粗大ごみは、壊して不燃物と分別し、燃えるごみ、燃えないごみにだしてください。

市で処理できないもの

ごみの種類
 
タイヤ、バッテリー、スプリング入りマットレス、バイク、温水器、薬品・農薬、消火器、塗料・オイルの入った缶
  

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報