トップ 記事 土岐市地球温暖化対策実行計画

土岐市地球温暖化対策実行計画

計画策定の背景

地球温暖化防止対策について、我が国の取り組みを推進するため、平成10年10月に「地球温暖化対策の推進に関する法律」が公布され、平成11年4月に施行されました。
この法律では、都道府県及び市町村は自らの事務及び事業に関し、温室効果ガスの排出の量の削減並びに吸収作用の保全及び強化のための措置に関する計画(以下、「実行計画」といいます。)を策定することが義務付けられています。また、都道府県及び市町村は、策定した実行計画を公表し、実行計画に基づく措置の実施の状況を公表することが義務付けられました。
このことを受け、土岐市では、市が率先して温室効果ガスの削減に取り組むため、平成14年度から平成18年度までの削減目標を掲げた第1次土岐市地球温暖化対策実行計画を平成13年度に、また、平成19年度から平成23年度までの削減目標を掲げた第2次実行計画を平成18年度に策定し、市が管理する施設全体の排出量の削減を目指してきました。
平成23年度で第2次実行計画の期間が終了すること受け、引き続き市が率先的に取り組むことによって市民・事業者の模範となり、土岐市全体で温室効果ガス排出量の削減が促進されることを期待し、平成24年度からの第3次実行計画を平成24年3月に策定しました。

計画の期間

第3次実行計画の計画期間は、平成24年度から平成33年度までの10年間です。
ただし、平成24年度から5年間経過した平成29年度に内容の見直しを行い、必要に応じて取組内容や目標値の変更を行います。

計画の対象施設

市が行う事務・事業及び市が管理する全施設を実行計画の対象とします。
なお、新たに整備された施設などについては削減目標からは対象外としますが、この計画の取組内容は新施設においても実施し、市が管理する施設全体の排出量の削減を目指していきます。

総合目標

第3次実行計画では、温室効果ガス排出量を平成33年度において基準年度(平成12年度)比で12%削減することを総合目標とします。各施設に、電気・燃料・公用車の使用による温室効果ガス排出の削減の個別目標を設定することで、総排出量削減の確実な達成を図っています。また、温室効果ガスの排出に間接的に寄与する項目も設定し、環境への負荷の低減も推進します。

関連資料

土岐市地球温暖化対策実行計画 第3次実行計画 (PDF 1.12MB)

平成28年度温室効果ガス総排出量(広報とき2017年7月1日号P4へリンク)(PDF)

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報