トップ 記事 限度額適用認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)【国民健康保険】

限度額適用認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)【国民健康保険】

入院や手術等で高額な医療費の請求が見込まれるときには、事前に申請して交付された限度額適用認定証(住民税非課税世帯の方は、限度額適用・標準負担額減額認定証)(以下「限度額適用認定証」という。)を医療機関の窓口に提示することで、一部負担金の支払いを自己負担限度額までとすることができます。

注意事項

  • 保険料に未納がある方(分割納付中の方を含む)は、交付を受けられません。
  • 70歳以上の課税世帯に属する方または現役並み所得のある方は、「高齢受給者証」を提示すると窓口の支払いが自己負担限度額までになりますので、限度額適用認定証は交付されません。
  • 限度額適用認定証を提示しないで高額な医療費を支払った場合は、後に高額療養費を申請することになります。また、同月に入院や外来など複数受診がある場合にも、高額療養費の申請が必要となることがあります。
  • 保険適用外の差額ベッド料などは対象となりません。
  • 住民税非課税世帯の方は入院時の食事代も減額されます。詳しくは「入院時の食事代(国民健康保険)」のページをご覧ください。

自己負担限度額について

自己負担限度額は、年齢や世帯の所得によって異なります。

詳しくは「高額療養費・高額介護合算療養費(国民健康保険)」のページをご覧ください。

限度額適用認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)の交付申請に必要なもの

受付窓口

市民課保険年金係(国民健康保険担当)および各支所

(注)支所では即時交付できません。通常、支所での受付後は郵送でのお渡しとなります。早急に必要な場合は、市民課保険年金係までお越しください。

リンク

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報