トップ 記事 エコキャップ運動にご協力ください

エコキャップ運動にご協力ください

土岐市では、平成21年2月5日からエコキャップ運動としてペットボトルキャップの回収活動を実施しています。市内の保育園、学校、市民団体などでも、積極的に活動に取り組んでいます。

回収したキャップは、再資源化事業者へ売却され、その売却金は、認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)へ寄付しています。

JCVは、UNICEFと連携して、予防可能な感染症で命を落とす子どもたちが数多くいる国々にワクチンを贈る活動を行っています。ワクチンさえあれば助かる子どもの命は、世界で1日に4,000人失われていると言われています。わたしたちがキャップを860個を集めると、ポリオワクチン1人分が購入できます。

また、キャップをごみとして焼却処分すると、キャップ1kgあたり3.15kgの二酸化炭素(CO2)が発生します。CO2は地球温暖化の原因と考えられている温室効果ガスの一種です。キャップをリサイクルすることで、CO2の排出量を削減することもできます。

土岐市は、地球温暖化防止と、世界の子どもたちにワクチンを届けることを目的にキャップ回収活動を推進しています。活動開始から平成29年3月までに集められたキャップは18,383.75 kgで、9,685人分のポリオワクチン購入費用、焼却した場合のCO2発生量57,909kgに相当します。

今後とも、活動の趣旨をご理解いただき、ペットボトルキャップの回収にご協力くださいますようお願いします。

 

エコキャップ運動の参加方法

  1. ペットボトルキャップをきれいに洗い、下の「回収できないキャップ」を参考に、リサイクルに適するキャップを選別してください。
  2. 市役所2階環境課窓口または支所へ、平日の午前8時30分から午後5時15分までの開庁時間内にキャップをお持ちください。
  • 現在キャップの回収活動に取り組んでいる施設・団体は、のうなん保育園、土岐紅陵高等学校、東濃フロンティア高等学校、東濃特別支援学校、土岐市商店街連合会(土岐市生活学校)、食と健康を考える福朗の会です。これらの施設・団体へキャップのお持ち込みを希望する場合は、各施設・団体にご確認の上、お持ちくださいますようお願いします。
  • 新たにキャップの回収活動に取り組みたい団体は、市役所環境課へご連絡ください。活動方法等ついてご説明させていただきます。回収用ネットの貸出もあります。

(注意)事業所から排出されたキャップは回収しませんのでご注意ください。

 

回収できないキャップ

ペットボトルキャップの材質であるポリプロピレン(PP)をリサイクルします。以下のキャップは、リサイクルできないため回収しませんので、燃えるごみとして廃棄してください。

シールの付いたキャップ

シール等付着しているキャップの写真

札やキャンペーンのシールは、紙製やビニール製であるため、取り除いてください。

 

 

 

汚れたキャップ

汚れたキャップの写真飲料が付着したままのキャップは臭いやカビが発生しますので、キャップは必ず洗ってください。また、飲料の汚れのひどいキャップ、土やホコリの付いたキャップなどは不純物が多くリサイクルに適しません。

 

 

マジック等で書込んだキャップ

マジックで描き込まれたキャップの写真

マジック等の書込みがあるキャップはリサイクルできません。

 

 

 

飲料用以外のキャップ

汚れがひどいキャップの写真

内側にクッション素材が入っているキャップの写真調味料や洗剤等のキャップは、プラスチックの材質が異なることや、キャップの内側にクッション材が入っていること、なかなか汚れが落ちないことがあるため、回収していません。

 

 

(注意)キャップ以外のプラスチック製品や、紙ごみ、金属製のキャップ、乾電池などは混入しないでください。

 

キャップ回収実績

これまで各施設・団体が回収したエコキャップについては、回収実績 (PDF 77.4KB)をご覧ください。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

年度別回収量
年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度
回収量(kg) 1,012.90 3,866.35 4,377.70 2,431.05 2,171.85

 

 
年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
回収量(kg) 1,580.50 1,049.55 909.35 984.50 577.00

 

(注意)平成20年度は、2月5日からの回収量です。平成29年度は、9月30日までの回収量です。

 

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報