トップ 記事 農地法3条許可申請(耕作目的の農地の権利移動)

農地法3条許可申請(耕作目的の農地の権利移動)

申請書の内容

農地法3条許可申請

土岐市内の農地を耕作目的で所有権を移転したり、貸借をする場合は、農地法3条による許可が必要です。

許可が必要な例

  • 農地を耕作目的で売買・贈与する(所有権移転)
  • 農地を耕作目的で貸す・借りる(賃借・使用貸借)

※相続の場合は許可が不要ですが、届出が必要です(随時受付)

許可を行う機関

  • 農業委員会

許可の条件・・・以下の許可基準を全て満たす必要があります。

  • 今回の申請を含め、所有している農地や借りている農地すべてを耕作すること、していること(全部耕作要件)
  • 申請者又は世帯員等が農作業に常時従事すること、していること(農作業常時従事要件)
  • 今回の申請を含め、耕作する農地の合計面積(ただし、貸借等の場合は農業委員会の許可の無いいわゆるヤミ小作は除く)が下限面積(20アール)以上であること(下限面積要件)
  • 申請農地の周辺の農地利用に影響を与えないこと(地域との調和要件)

~申請書の提出の流れ~

  1. 申請書の作成と添付書類の用意
    申請する内容に応じて申請書を記入し、添付書類一覧表を参考に必要な添付書類をご用意ください。申請書及び記入マニュアル等はホームページもしくは市役所窓口に備え付けてあります。
  2. 申請書の提出
    まずは申請書の内容や添付書類を確認し、記入漏れや、書類が必要部数あるかチェックを行ってください。毎月の申請締切日までに、申請書及び添付書類を2部を農業委員会事務局まで提出ください。申請書正本には、許可書交付時の連絡先として、電話番号の記入をお願いします。

~申請から許可までの流れ~

  1. 申請の締め切り
    毎月の締切日が過ぎますと、書類のチェックを行います。申請書の記載内容に漏れがあったり、添付書類に不備があった場合は、申請者へ連絡し確認・訂正をお願いします。
  2. 現地調査
    申請のあった農地は、原則当番農業委員2名と、地元の農業委員が現地調査を行います。申請される方は、担当委員が現地を確認できるように「申請地である旨の札」を表示してください。
  3. 総会
    現地調査を行った上で、毎月1回総会を行い、許可、不許可を決定します。
  4. 許可書交付
    許可書の交付は電話等にてご連絡いたしますので、農業委員会事務局までお越しください。

目安として、申請から許可までの標準処理期間は30日となっております。

土岐市農地の賃借料情報について

下記様式集よりご覧ください。

記入上の注意

全て記入してください。

申請できる方

  • 農地を渡す人(譲渡人)と農地をもらい受ける人(譲受人)
  • 譲渡人、譲受人から委任を受けた行政書士

申請受付窓口

土岐市役所2階
農業委員会事務局(産業振興課内)

郵送での受付

窓口持参のみ

手数料

なし

その他

リンク

申請書県様式 (別ウィンドウで開きます)

様式

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報