トップ 記事 緊急通報システムの設置

緊急通報システムの設置

概要

高齢でひとり暮しの方に緊急通報装置を設置します。もしもの時に「緊急ボタン」を押すと消防署に連絡できます。

利用できる方

次のいずれかに該当し、緊急通報装置の設置が必要と認められた方。

  • 70歳以上のひとり暮しの方
  • 身体障害者手帳の交付を受け、障がいの程度が1級から3級までのひとり暮しの方
  • 寝たきりの高齢者のいる70歳以上のみの世帯の方

利用料

以下の消耗品にかかる費用が必要となります。

  • 緊急通報装置本体用電池 2,200円
  • ペンダント用電池 400円

電池交換は3年に1度行います。

申請書.pdf (PDF 58.9KB)

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報