トップ 記事 介護保険サービスの種類と内容

介護保険サービスの種類と内容

居宅介護サービス

自宅で受けるサービス

訪問介護

ホームヘルパーが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄などの身体介護や、炊事、洗濯、掃除などの生活援助を行います。

訪問入浴介護

入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入浴車などで訪問し、入浴の介助をします。

訪問看護

訪問看護ステーションや医療機関の看護師が家庭を訪問して、主治医と連絡をとりながら、病状を観察したり、床ずれの手当などを行います。

訪問リハビリテーション

理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問して、リハビリテーションを行います。

居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問して、医学的な管理や指導を行います。(月2回まで)

施設へ日帰り又は短期入所で行うサービス

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターなどに通い、食事、入浴の提供や、日常動作訓練、レクリエーションなどが受けられます。

通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人保健施設や医療機関などに通い、理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションが受けられます。

短期入所生活介護/短期入所療養介護(ショートステイ)

短期間、特別養護老人ホームや介護老人保健施設に宿泊しながら、介護や機能訓練などを受けることができます。

その他のサービス

福祉用具の貸与

心身の機能が低下した高齢者に、日常生活の自立を助ける用具を貸し出します。

介護度により貸与できない品目もあります。

*対象品目

  • 特殊寝台
  • 歩行器
  • 特殊寝台付属品(マットレスなど)
  • 歩行補助杖
  • じょく瘡予防用具(エアーマットなど)
  • 体位変換器
  • 車いす
  • 移動用リフト
  • 車いす付属品
  • スロープ
  • 手すり
  • 認知症老人徘徊感知機器

特定施設入居者生活介護

有料老人ホーム、介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)などに入所している高齢者も、必要な介護を介護保険で受けることができます。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

※要支援1の方は利用できません

認知症の状態にある高齢者が数人で共同生活をしながら、家庭的な雰囲気の中で、介護スタッフによる食事、入浴、排泄など日常生活の支援や機能訓練を受けることができます。

福祉用具購入費の支給

入浴や排泄などのレンタルになじまない用具については購入費を支給します。

要介護状態区分にかかわらず利用できる上限は1年間で10万円までとなります。(内1割は自己負担)

※購入する前に対象となるものかどうかご確認ください。

※指定のある業者で購入する事

福祉用具購入費の支給申請についてはここをクリックしてください。

住宅改修費の支給

床の段差を解消したり、廊下や階段に手すりをつけるといった小規模の改修に対して、その費用が支給されます。

要介護状態区分にかかわらず、利用できる上限は20万円までとなります。(内1割は自己負担)

※対象となる改修かどうか、着工前にご相談ください。

※着工前の申請(事前申請)が必要です。

住宅改修費の支給申請についてはここをクリックしてください。

施設サービス

介護が中心か、治療が中心か、またどの程度医療上のケアが必要かなどによって、入所する施設を3種類から選択します。※要支援1・2の方は利用できません

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

日常生活に常時介護が必要で、自宅では介護が困難な高齢者が入所します。食事、入浴、排泄などの日常生活の介護や健康管理が受けられます。

介護老人保健施設(老人保健施設)

症状が安定し、リハビリテーションに重点を置いたケアが必要な高齢者が入所します。医学的な管理のもとで、日常生活の介護や機能訓練が受けられます。

介護療養型医療施設(療養型病床群等)

急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とする高齢者のための医療機関の病床です。医療、看護、介護などが受けられます。平成24年3月をもって終了となります。順次、医療病床への転換が行われています。

介護予防サービス

要支援1・2の方は要介護状態が軽く生活機能が改善する可能性が高いため、介護予防サービスを利用することになります。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報