トップ 記事 高額介護サービス費

高額介護サービス費

高額介護サービス費

介護サービス費の自己負担分(1割)の1か月の合計額(同じ世帯内に複数の介護保険利用者がいる場合には、世帯合計額)が一定の上限額を超えた場合、超えた分が高額介護サービス費として支給されます。一度申請をすると、その後は手続きが不要となります。

利用者負担
利用者負担段階区分 利用者負担上限額
一般世帯(下記以外の方) 37,200円
世帯全員が市民税非課税で、第2段階以外の方 第4段階
第3段階
24,600円
世帯全員が市民税非課税で、課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方 第2段階 15,000円
生活保護の受給者 第1段階 15,000円

高額医療費合算介護サービス費

各医療保険(国民健康保険、被用者保険、後期高齢者医療制度)における世帯内で、医療および介護保険の両制度における自己負担の合計額が著しく高額となった場合、一定の上限額を超えた部分が、新たに「高額医療費合算介護サービス費」として支給されます。

<支給される方>

支給要件 各医療保険における世帯内で、医療および介護の両制度ともに自己負担額を有する世帯
支給対象者 介護保険、被用者保険および後期高齢者医療制度については、被保険者ごとに支給されます。国民健康保険については、世帯主に支給されます。
算出方法 世帯における医療・介護の自己負担額の年間合計額から世帯の負担限度額を超えた金額
対象年度 毎年8月から翌年7月

<高額合算制度における世帯の負担限度額/年額>

  後期高齢者医療制度+介護保険 被用者保険又は国民健康保険(世帯内70歳から74歳のみ)+介護保険 被用者保険又は国民健康保険(世帯内の70歳未満を含む)+介護保険
上位所得者 67万円 67万円 126万円
一般 56万円 56万円 67万円
低所得者2 31万円 31万円 34万円
低所得者1 19万円 19万円 34万円

<受給の手続き方法>

土岐市国民健康保険・岐阜県後期高齢者医療制度加入の人は、それぞれの医療保険(窓口:土岐市役所市民課保険年金係)に申請してください。その他の医療保険加入の人は、土岐市役所高齢介護課介護保険係にて「自己負担額証明書」を発行しますので、申請をお願いします。「自己負担額証明書」は加入の医療保険に提出してください。提出後、医療保険にて計算をして、該当する場合は、医療保険と介護保険の両方から通知され、受給となります。

【持ち物】
介護保険証、健康保険証、印鑑、振込み金融機関口座の分かるもの

<支給についての留意点>

  1. 年度途中における医療(介護)保険者の変更となった場合、変更前の保険者における自己負担額も、合算の対象となります。
  2. 同一世帯において、世帯員が異なる医療保険制度に加入している場合、各医療保険ごとに自己負担額が合計されます。(他の医療保険に加入している者とは合算されません)
  3. 現行の高額介護サービス費について、現行制度からの変更点はありません。
  4. 支給限度額を超えた額が、500円未満の場合は支給されません。

<対象とならない負担>

  • 福祉用具購入費または住宅改修費の1割負担分
  • 施設サービス等での食費・居住費(滞在費)、その他の日常生活費等の実費分
  • 要介護状態区分別の支給限度額を超えてサービスを利用したときの利用者負担(実費分)

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報