トップ 記事 病後児保育の利用について

病後児保育の利用について

病後のお子さんがいる方で、お医者さんからあと数日自宅で様子を見るように言われたときや、これ以上仕事を休めないとき、冠婚葬祭などで、どうしても出掛けなければならないときなどに、病後児保育をご利用ください。

利用できる児童

保護者が就労、傷病などでやむを得ない事情により家庭での保育が困難で、次のいずれにも該当する児童

  • 市内在住の生後8ヶ月~小学6年生の児童
  • 病気の回復期にあり、医療機関に入院の必要はないが、安静の確保に配慮する必要があり、集団保育が困難な児童
    ※ただし、疾病の程度などにより、施設での受入れが困難と認められる場合があります。

事業の内容

場所
東濃厚生病院みずなみ病後児保育所(瑞浪市寺河戸町1049-1)電話68-4111(代)
利用時間
午前8時~午後6時
休園日
土・日曜日、祝日、年末年始
定員
1日2名まで
利用可能日数
連続して7日まで(休園日を含む)
料金
利用料:1日2,000円(生活保護世帯は無料)、昼食代:300円程度(おやつ代は除く)
※その他、緊急で受診した場合の医療費や紙おむつが不足した場合の実費は保護者負担です。

申請方法

事前登録が必要です。子育て支援課へお申し込みください。(下記「登録から利用の流れ」をご参照ください。)

関連資料

 

●3人以上のお子さんがいる世帯は利用料が無料になります

 平成28年度から、18歳未満のお子さんが3人以上いる世帯が病後児保育を利用する場合は、
利用料が無料(昼食代は除く)となります。
 毎年度手続きが必要です。以前に病後児保育の利用登録をした方も、子育て支援課で手続き
をしてください。

 

多子世帯減免申請書.pdf (PDF 45.2KB)

 

 

 

 

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報