トップ 記事 平成25年度市・県民税から適用される税制改正について

平成25年度市・県民税から適用される税制改正について

生命保険料控除の改正について

生命保険料控除が改組され、次の(1)~(3)までによる各保険料控除額が以下のとおり変更となりました。

生命保険料控除改組 図表

旧制度(平成23年12月31日以前に締結した保険契約等)
一般生命保険料控除 個人年金保険料控除
適用限度額3.5万円 適用限度額3.5万円
新制度(平成24年1月1日以降に締結した保険契約等)
一般生命保険料控除 介護医療保険料控除 個人年金保険料控除
適用限度額2.8万円 適用限度額2.8万円 適用限度額2.8万円

◎新制度の「一般生命保険料控除」、「介護医療保険料控除」、「個人年金保険料控除」の市・県民税の所得控除適用限度額はそれぞれ2.8万円ですが、合計した場合は7万円が控除適用限度額となります。

(1)平成24年1月1日以降に締結した保険契約等にかかる控除

平成24年1月1日以降に生命保険会社または損害保険会社等と締結した保険契約等(以下「新契約」という)のうち、介護医療保険契約等にかかる支払い保険料(介護医療保険料)について、介護医療保険料控除(適用限度額2.8万円)が設けられます。

また、新契約にかかる一般生命保険料控除および個人年金保険料控除の適用限度額は、それぞれ2.8万円となります。

新契約における生命保険料控除額の計算は次のとおりとなります。

個人市・県民税における生命保険料控除額の計算(新契約)
年間の支払い保険料等 控除額
12,000円以下 支払い保険料等の全額
12,000円超32,000円以下 支払い保険料等×1/2+6,000円
32,000円超56,000円以下 支払い保険料等×1/4+14,000円
56,000円超 一律28,000円

(2)平成23年12月31日以前に締結した保険契約等にかかる控除

平成23年12月31日以前に生命保険会社または損害保険会社等と締結した保険契約等(以下「旧契約」という)については、従前の一般生命保険料控除および個人年金保険料控除(適用限度額はそれぞれ3.5万円)を適用します。

個人市・県民税における生命保険料控除額の計算(旧契約)
年間の支払い保険料等 控除額
15,000円以下 支払い保険料等の全額
15,000円超40,000円以下 支払い保険料等×1/2+7,500円
40,000円超70,000円以下 支払い保険料等×1/4+17,500円
70,000円超 一律35,000円

(3)新契約と旧契約の双方について保険料控除の適用を受ける場合の控除額の計算

新契約と旧契約の双方の支払い保険料等について一般生命保険料控除または個人年金保険料控除の適用を受ける場合は、上記にかかわらず、それぞれ次に掲げる金額の合計額(適用限度額は2.8万円)となります。

  1. 新契約の支払い保険料については、上記「個人市・県民税における生命保険料控除額の計算(新契約)」の計算式により計算した金額
  2. 旧契約の支払い保険料については、上記「個人市・県民税における生命保険料控除額の計算(旧契約)」の計算式により計算した金額

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報