トップ 記事 まちづくり支援事業費補助金 補助団体の活動状況

まちづくり支援事業費補助金 補助団体の活動状況

これまでに補助金の交付決定を受けた団体の取り組みを紹介します。

平成28年度

 

補助金の交付決定を受けた団体の取り組み(平成28年度)
団体名  事業名  事業概要 事業成果 事業費
(円)
補助金
交付額
(円)
土岐里山の会 穴弘法地区里山整備・活用事業.pdf (PDF 1.34MB) 穴弘法周辺や高山城址周辺の整備を行った。また錦鯉の放流、椎茸の菌打ち体験やもみじのライトアップなど人々のふれあいを創出する事業も行った。 里山を整備・保全し、自然とふれあう住民の憩いの場をもうけ、大人・子どもともに地域のふれあい、歴史文化の学習の場を提供して、まちづくりに資することができた。 638,000 241,000
NPO法人太鼓喜楽 いい所土岐市イメージソング普及事業.pdf (PDF 414KB) 土岐市を題材にした曲を作り、市内外の催事で広めた。 市内だけではなく、市外の催事にも積極的に参加し、曲とともに土岐市の名を広めることができた。 516,800 187,000
高山城高山宿史跡保存会 第5回高山城戦国合戦まつり.pdf (PDF 1.13MB) 夏休み甲冑制作教室、及び第5回高山城戦国合戦まつりを開催した。 事業を通して、住民の高山城に関連する歴史への関心が高まり、若い世代への歴史の伝承を進展させることができた。合戦まつりの様子は各メディアで報道されPRにもつながった。 774,545 250,000
鶴里ホタルの里づくりの会 鶴里ホタルの里づくり事業.pdf (PDF 542KB) ホタルの幼虫飼育や放流を行った。また、「幼虫放流会とカワニナ養殖場の見学会」、「ホタルまつり」の開催のほか、堀切川の流路工やカワニナ養殖場の整備を行った。 ホタルに関する活動を通して小中学校や地域との連携を図ることができた。また、多くのメディア媒体に紹介され、ホタルの里鶴里町のイメージ・認知度アップにつながった。 434,517 100,000
天地飛炎太鼓 天地飛炎太鼓の継承と次世代育成事業.pdf (PDF 154KB) 太鼓の皮の張替えや衣装を購入し、土岐市織部祭りや駄知夏祭りなど市内外のイベントに参加した。 太鼓や衣装の整備により演出の幅が広がり、イベント参加が増加したことで、地域活性化につながった。 483,920 241,000
NPO法人曽木まちづくり協会 曽木町史跡観光案内パンフレット作成事業.pdf (PDF 268KB) 曽木地内に点在する52か所の史跡などを紹介したパンフレットを作成し、市内外の施設などに配布した。 曽木町民には地元の歴史を知ってもらい、町民以外にも曽木町の魅力を広く発信することができた。 302,400 151,000
下石自然を守る会 蝶の舞うまちづくり事業.pdf (PDF 2.93MB) 蝶の幼虫の食樹・食草及び成虫の飛来する花木を植栽し、あわせて絶滅危惧種のヒメヒカゲの保護活動や、昆虫採取標本作りを実施した。 蝶の生息・繁殖できる環境づくりにより、蝶及びその他昆虫と自然に関心を持つ子どもや大人を増やすことにつなげることができ、地域の活性化を進めることができた。 558,379

0

※事業費の減額に伴い、補助金も減額

ふるさと駄知再生委員会 ふるさと駄知まちづくり事業.pdf (PDF 138KB) 「ふれあいラジオ体操」、「どんぶりの里 夏祭り」開催の他、住民を中心とした事業を行った。 住民を中心とした様々な事業を展開するとともに各種団体が主催する既存催事の応援団となって、活力ある駄知のまちづくりに寄与することができた。 1,170,416 250,000
駄知町内会連合会 ❝命のたすき❞救命救急事業.pdf (PDF 205KB) 町内2か所にAEDを設置し、町民が使用できるように応急手当の講習会を開催した。 多くの町民に救命に対する意識の高揚が図れ、お互いに助け合えるまちづくりに資することができた。 540,000 250,000
河合区 河合区夏祭り活性化事業.pdf (PDF 327KB) 祭り旗や提灯を購入し飾ることで、祭りの雰囲気を盛り上げた。 夏祭りに例年以上に多くの町民が参加し、地域の活性化につながった。 134,860 59,000
下肥田区 下肥田公民館広場内史跡等整備保全事業.pdf (PDF 1.51MB) 下肥田公民館敷地内の石造物群の整備や倉庫の設置、遊具の移設を行った。 祭りなどにおける利便性の向上による地域活動の活性化と、地元の歴史について理解することにより、地域への愛着を深めることにつながった。 2,651,254 2,119,000

実施状況(写真等)は事業名をクリックしてください。

 

平成27年度

 

補助金の交付決定を受けた団体の取り組み(平成27年度)
団体名  事業名  事業概要 事業成果 事業費
(円)
補助金
交付額
(円)
下石自然を守る会 蝶の舞うまちづくり事業.pdf (PDF 184KB)

蝶の幼虫の食樹・食草及び成虫の飛来する花木を植栽し、あわせて絶滅危惧種ヒメヒカゲの保護活動や、昆虫採取標本作りを実施した。

蝶の生息・繁殖できる環境づくりにより、蝶及びその他昆虫と自然に関心を持つ子供や大人を増やすことにつなげることができ、地域の活性化を進めることができた。 527,308 250,000
鶴里ホタルの里づくりの会 鶴里ホタルの里づくり事業.pdf (PDF 401KB) ホタルの幼虫飼育や放流を行った。また、「幼虫放流会とカワニナ養殖場の見学会」、「ホタルまつり」の開催のほか、堀切川の流路工やカワニナ養殖場の整備を行った。 ホタルに関する活動を通して小中学校や地域との連携を図ることができた。また、多くのメディア媒体に紹介され、ホタルの里鶴里町のイメージ・認知度アップに繋がった。 202,850 100,000
土岐里山の会 穴弘法地区里山整備・活用事業.pdf (PDF 354KB) 穴弘法周辺や高山城跡周辺の整備を行った。また錦鯉の放流、椎茸の菌打ち体験やもみじのライトアップなど人々の触れ合いを創出する事業も行った。 里山を整備・保全し、自然と触れ合う住民の憩いの場をもうけ、大人・子供ともに地域のふれあい、歴史文化の学習の場を提供して、まちづくりに資することができた。 723,353 250,000
高山城高山宿史跡保存会 第4回高山城戦国合戦まつり.pdf (PDF 533KB) 夏休み甲冑制作教室、及び第4回高山城戦国合戦まつりを開催した。 事業を通して、住民の高山城に関連する歴史への関心が高まり、若い世代への歴史の伝承を進展させることができた。合戦まつりの様子は各メディアで報道されPRにも繋がった。 639,035 250,000
駅前区祇園祭り実行委員会 駅前区祇園祭り事業.pdf (PDF 103KB) 駅前区祇園祭り(子供縁日、盆踊り)を開催した。 駅前区だけでなく市内全体から多くの市民が参加し、活気のある祭りとなったことで、地域の活性化に繋がった。 706,716 250,000
ふるさと駄知再生委員会 ふるさと駄知まちづくり事業.pdf (PDF 307KB) 「ふれあいラジオ体操」、「どんぶりの里 夏祭り」開催の他、住民を中心とした事業を行った。

住民を中心とした様々な事業を展開するとともに、各種団体が主催する既存催事の応援団となって、活力ある駄知のまちづくりに寄与することができた。

970,799 250,000
駄知町地域産業活性化委員会 駄知町地域産業活性化事業.pdf (PDF 295KB) 旧カクサ別荘の紅葉ライトアップ・黄陶祭の開催、ホームページの更新による広報事業を行った。 駄知町の産業観光によるまちづくりの振興と人の交流による地域の活性化を図り、活力あるまちづくりに貢献できた。 132,211 66,000
NPO法人窯どこ(ソフト事業) 空き工場を活用した人材育成と交流による産業の活性化と産業観光施設整備事業(ソフト事業).pdf (PDF 153KB) 空き工場を作陶と交流の拠点とし、工房の維持管理と人材育成並びに催事にて作品発表を行った。

工房が整備され、若者の人材育成と地元従事者や後継者との交流や作品発表の拠点としての機能が充実したことで、今後の地域の活性化と産業観光化への影響を与えた。

465,571

232,000
NPO法人窯どこ(ハード事業) 空き工場を活用した人材育成と交流による産業の活性化と産業観光施設整備事業(ハード事業).pdf (PDF 195KB) 作陶と交流の拠点づくりとして、空き工場の給水設備と機械設備の整備を行った。 工房が整備され、人材育成や交流事業を行う拠点が整ったことで、産業の活性化に繋げることができた。 731,800 585,000
天地飛炎太鼓(ソフト事業) 天地飛炎太鼓の継承と次世代育成事業(ソフト事業).pdf (PDF 2.62MB)

太鼓の皮の張替えや衣装を購入し、土岐市織部祭りや駄知夏祭りなど市内外のイベントに参加した。

太鼓や衣装の整備により演出の幅が広がり、イベント参加が増加したことで、地域活性化に繋がった。 500,824 250,000

天地飛炎太鼓(ハード事業)

天地飛炎太鼓の継承と次世代育成事業(ハード事業).pdf (PDF 326KB) 既存の太鼓の練習場が狭小で使いにくく、また老朽化により雨漏りがするため、改修工事を行った。 新たな練習場で子供たちの練習の幅が広がり、イベント参加が増加したことで、地域活性化に繋がった。 3,377,149 2,687,000
高山区自治会 高山城址トイレ改修事業.pdf (PDF 829KB) 既存のトイレが地域行事で多数の人が訪れた際に容量不足であるため、改修工事を行った。 男女共が使いやすいトイレに改修したことで、観光客が利用しやすくなり、地域行事の活性化に貢献した。 722,088 577,000

実施状況(写真等)は事業名をクリックしてください。

 

平成26年度

補助金の交付決定を受けた団体の取り組み(平成26年度)
団体名  事業名  事業概要 事業成果 事業費
(円)
補助金
交付額
(円)
鶴里ホタルの里づくりの会 鶴里ホタルの里づくり事業(PDF 410KB)) ホタルの幼虫飼育や放流を行った。また、「幼虫放流会とカワニナ養殖場の見学会」、「ホタルまつり」の開催のほか、堀切川の流路工やカワニナ養殖場の整備を行った。 ホタルに関する活動を通して小中学校や地域との連携を図ることができた。また、多くのメディア媒体に紹介され、ホタルの里鶴里町のイメージ・認知度アップに繋がった。 165,686 82,000
土岐里山の会 穴弘法地区里山整備・活用事業(PDF 937KB) 穴弘法の一帯(参道、散策路、本堂・石仏前、高山城跡)の環境整備を行った。また錦鯉の放流、椎茸の菌打ち体験やもみじのライトアップなど人々の触れ合いを創出する事業も行った。 里山の整備・保全し、自然と触れ合う住民の憩いの場をもうけ、大人・子供ともに地域のふれあい、歴史文化の学習の場を提供して、まちづくりに資することができた。 747,823 250,000
高山城高山宿史跡保存会 高山城戦国合戦まつり事業 (PDF 2.48MB) 夏休み甲冑制作教室の開催、歴史講演会・歴史ウォーキングの開催、及び第3回高山城戦国合戦まつりの開催をした。 事業を通して、住民の高山城に関連する歴史への関心が高まり、若い世代への歴史の伝承を進展させることができた。合戦まつりの様子は各メディアで報道されPRにもつながった。 750,548 250,000
下石自然を守る会 蝶の舞うまちづくり事業 (PDF 870KB) 蝶の幼虫の食樹・アゲハチョウ類の繁殖する樹木の手入れ、勉強施設の場としての(蝶の館)パイプハウス設置、標本づくり勉強会、絶滅危惧種ヒメヒカゲを保護し繁殖する活動を行った。 蝶の生息・繁殖できる環境づくりにより、蝶及びその他昆虫と自然に関心を持つ子供や大人を増やすことにつなげることができ、地域の活性化を進めることができた。 683,707 250,000
駄知産業観光まちづくり委員会 産業観光支援事業(PDF 531KB) 旧カクサ別荘の紅葉ライトアップ・黄陶祭の開催ほか、瓦版「あののう」の発行及びホームページの開設による広報事業を行った。 駄知町地域の産業観光によるまちづくりの振興と人の交流による町の活性化を図り、活力あるまちづくりに貢献できた。 433,875 216,000
ふるさと駄知再生委員会 ふるさと駄知まちづくり事業(PDF 776KB) 町民ウォーク「大名街道を歩こう」、「どんぶり夏祭り」開催の他、住民を中心とした事業をおこなった。

住民を中心とした様々な事業を展開するとともに各種団体が主催する既存催事の応援団となって、活力ある駄知のまちづくりに寄与することができた。

604,817 250,000
NPO法人曽木まちづくり協会 史跡案内版設置事業 (PDF 761KB) 曽木町内の主要道路沿いに、史跡看板を7基設置した。 曽木町内の史跡案内看板が、合計で52基となり、曽木町内の中馬街道をはじめ、主要道路沿いの史跡案内看板が完成し、曽木町内の活性化を図ることができた。 226,800 181,000
NPO法人窯どこ(ソフト事業) 空き工場を活用した人材育成と交流による産業の活性化と産業観光施設整備事業 (PDF 578KB) 空き工場を工房と交流の拠点とし、工房の維持管理と人材育成並びに地元従事者や後継者との交流会を行った。

工房の維持管理体制が整い、若者の人材育成と地元従事者や後継者との交流や作品発表の拠点としての機能が充実したことで、今後の街の活性化と産業観光化への影響を与えた。

506,465 250,000
NPO法人窯どこ(ハード事業) 空き工場を活用した人材育成と交流による産業の活性化と産業観光施設整備事業(PDF 220KB) 土岐市駄知町の(有)丸林製陶所の空き工場の機械設備と工房整備を行った。 工房全体の整備が整い、人材育成や交流事業を行う拠点が完成したことで、産業の活性化につなげることができた。 803,488 642,000
駅前区祇園祭り実行委員会 駅前区祇園祭り事業 (PDF 723KB) 街角似顔絵ミュージアム、街角あかりアート、駅前区祇園祭りを開催した。 地場産業である陶器に触れる機会を創出し、子どもや地域の方の交流を通じて地域の活性化を図ることができた。 874,374 250,000

実施状況(写真等)は事業名をクリックしてください。

 

平成25年度

補助金の交付決定を受けた団体の取り組み(平成25年度)
団体名 事業名 事業概要 事業成果 事業費
(円)
補助金
交付額
(円)
土岐津ふるさとゆめづくり委員会 里山の会事業 (PDF 341KB) 穴弘法のもみじライトアップ及びコンサートの開催、周辺の里山整備、鯉の放流などを行った。 里山の整備により自然と触れ合うことのできる住民の憩いの場を設けることができた。 692,021 250,000
鶴里ホタルの里づくりの会 鶴里ホタルの里づくり事業 (PDF 317KB) ホタルの幼虫飼育や放流、ホタルまつりの開催のほか、堀切川の流路工やカワニナ養殖場の整備を行った。 ホタルに関する活動を通して小中学校や地域との連携を図ることができた。また、カワニナ養殖場の植樹と幼虫放流会を同時に開催することで町外へも活動を発信することができた。 143,399 70,000
伊野川を守る会 駅前区を流れる伊野川の川清掃とホタルの放流事業 (PDF 268KB) 伊野川の清掃活動を毎月行うとともに会員によりホタルを飼育し、地域の子どもと放流を行った。 毎月の清掃を続けることで地域の住民の方にも活動が浸透してきており、住民の意識を高めることができた。 123,631 53,000
高山城高山宿史跡保存会 土岐高山城戦国武将隊による広報事業 (PDF 511KB) 土岐高山戦国武将隊の着用する金属製の鎧・兜を購入した。 第2回高山城戦国合戦まつりで鎧・兜を身に付けた土岐高山武将隊がステージで演武を披露したほか各地で広報活動を行うことができた。 500,000 250,000
下石自然を守る会 蝶の舞うまちづくり事業 (PDF 495KB) 蝶の幼虫の食樹・食草及び成虫が飛来する植物を植栽し、あわせて絶滅危惧種ヒメヒカゲを保護し繁殖する活動を行った。 蝶の生息・繁殖できる環境づくりを進め、蝶やその他の昆虫とのふれあいを通じて子どもの健全育成を図ることができ、地域の活性化の一助となることができた。 576,449 250,000
駄知産業観光まちづくり委員会 産業観光支援事業 (PDF 375KB) 旧カクサ別荘の紅葉ライトアップ・黄陶祭の開催ほか、瓦版「あののう」の発行及びホームページの開設による広報事業を行った。 駄知町地域の産業観光によるまちづくりの振興と人の交流による町の活性化を図り、活力あるまちづくりに貢献できた。 491,597 245,000
NPOまめっことき 地域で育む「ちびっこ広場」 (PDF 868KB) 子育て世代を対象にあそびの広場、食育に関する調理実習と講座等を開催した。 あそびの広場とバザーを同時開催することにより地域の高齢者と子どものふれあいの場とすることができた。 189,588 94,000
大富区 美佐野街道・大富里山整備事業 (PDF 350KB) 美佐野街道入口の駐車場、里山の整備を行った。 駐車場の整備により多くの方に美佐野街道を訪問していただく環境が整った。 539,447 250,000
駅前区祇園祭り実行委員会 駅前区祇園祭り事業 (PDF 352KB) 祭りの会場を陶製ランプで装飾、こども縁日の開催、空き店舗を利用し美濃和紙の灯りアートの展示を行った。 地場産業である陶器に触れる機会を創出し、子どもや地域の方の交流を通じて地域の活性化を図ることができた。 657,327 250,000

実施状況(写真等)は事業名をクリックしてください。

平成24年度

補助金の交付決定を受けた団体の取り組み(平成24年度)
団体名 事業名 事業概要 事業成果 事業費
(円)
補助金
交付額
(円)
土岐津ふるさとゆめづくり委員会 里山の会事業 (PDF 149KB) 穴弘法のもみじライトアップ及びコンサート、周辺の里山整備、行灯の設置、鯉の放流などを行った。 里山の整備により自然と触れ合うことのできる住民の憩いの場を設けることができた。 814,076 250,000
鶴里ホタルの里づくりの会 鶴里ホタルの里づくり事業 (PDF 231KB) ホタルの幼虫飼育や放流、ホタルまつりの開催のほか、堀切川の流路工やカワニナ養殖場の整備を行った。 ホタルに関する活動を通して小中学校や地域との連携を図ることができた。また、ホタルの幼虫の自然放流を試験的に行い成果を得ることができた。 251,859 120,000
伊野川を守る会 駅前区を流れる伊野川の清掃とホタルの放流事業 (PDF 273KB) 伊野川の清掃活動を毎月行うとともに会員によりホタルを飼育し、地域の子どもと放流を行った。 毎月の清掃を続けることで地域の住民の方にも活動が浸透してきており、住民の意識を高めることができた。 128,800 64,000
高山城高山宿史跡保存会 高山城跡修景整備事業 (PDF 166KB) 高山城跡の修景整備として、物見櫓を建設した。 高山地区のまちづくりのシンボルとなり、高山城跡を訪れる人が増えた。また、11月に開催した戦国合戦まつりにおいても効果的な活用をすることができた。 2,054,871 250,000
下石自然を守る会 蝶の舞うまちづくり事業 (PDF 225KB) 蝶の幼虫の食樹・食草及び成虫が飛来する植物を植栽し、あわせて絶滅危惧種ヒメヒカゲを保護し繁殖する活動を行った。 蝶の生息・繁殖できる環境づくりを進め、蝶やその他の昆虫とのふれあいを通じて子どもの健全育成を図ることができ、地域の活性化の一助となることができた。 488,526 244,000
駄知産業観光まちづくり委員会 産業観光支援事業 (PDF 246KB) 旧カクサ別荘の紅葉ライトアップ事業のほか、瓦版「あののう」の発行及びホームページの開設による広報事業を行った。 駄知町地域の産業観光によるまちづくりの振興と人の交流による町の活性化を図り、活力あるまちづくりに貢献できた。 479,840 239,000
NPOまめっことき 地域で育む「ちびっこ広場」 (PDF 351KB) 子育て世代を対象にあそびの広場、食育に関する調理実習と講座、子どもの発達に関する講座等を開催した。 あそびの広場とバザーを同時開催することにより地域の高齢者と子どものふれあいの場とすることができた。 223,550 111,000

実施状況(写真等)は事業名をクリックしてください。

平成23年度

補助金の交付決定を受けた団体の取り組み(平成23年度)
団体名 事業名 事業概要 事業成果 事業費
(円)
補助金
交付額
(円)
社団法人土岐青年会議所 ご当地グルメ創作事業 (PDF 136KB) 市内飲食店で「土岐どろ!?グルメ」を一斉売り出し、10月1日に17店舗の参加による食べ比べ大会を開催した。 土岐のご当地グルメの創作を、市民で構成されたプロジェクトチームと市内飲食店により行い、土岐市のご当地グルメとして一つの可能性を見い出すことができた。 437,572 217,000
駄知産業観光まちづくり委員会 産業観光支援事業 (PDF 287KB) 駄知町にある歴史的名邸「旧カクサ別荘」とその庭園をライトアップし、二胡の演奏会を行った。 駄知町にある観光資源を活用し、多くの来訪者に来てもらうことで地域の活性化につながった。 450,449 225,000
肥田陶磁器工業協同組合 肥田地域橋梁美化事業 (PDF 261KB) 肥田町内の森前橋の親柱に組合員の作成した染付絵柄タイルを貼り付ける。 橋梁の美化により、町内の景観を向上させることができた。 592,430 225,000
土岐津ふるさとゆめづくり委員会 里山の会事業 (PDF 158KB) 穴弘法のもみじライトアップ及びコンサート、周辺の里山整備、ホタルの放流などを行った。 里山整備等により自然と触れ合う憩いの場を設けることができた。また、地域のまちづくりに対する動機付けができた。 779,135 250,000
高山城高山宿史跡保存会 高山城高山宿の歴史文化を活かしたまちづくり事業 (PDF 674KB) 高山城・高山宿の歴史を検証し、勉強会やシンポジウムを開催した。高山城跡の城門設置や周辺整備を行った。また、情報発信として散策マップ等を発行した。 高山城高山宿の保存活動により、歴史文化の継承を行うことができ、あわせて情報発信することで来訪者の増加につながった。 635,868 250,000
伊野川を守る会 駅前区を流れる伊野川の清掃とホタルの放流事業 (PDF 119KB) 伊野川の清掃活動を毎月行うとともに会員によりホタルを飼育し、地域の子どもと放流を行った。 河川清掃及びホタルの放流により、河川環境の美化及び住民の意識向上につながった。
(放流により約20匹のホタルが確認できた。)
68,527 34,000

実施状況(写真等)は事業名をクリックしてください。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報