県指定史跡「妻木城跡」「妻木城士屋敷跡」

妻木城は通称城山に立地し、14世紀に土岐頼貞の孫土岐明智彦九郎頼重が築いたとされています。その後、一族である妻木氏が領主となり、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いに西軍である岩村城主の田丸勢を破った功績で7,500石を所領しました。
城は山頂を中心に約200メートル四方の範囲に、曲輪、石垣、土塁などの遺構が残されています。北側の山麓には御殿と呼ばれる領主の館と家臣の武家屋敷が築かれ、万治元年(1658年)の妻木家断絶まで陣屋として存続しました。
山頂は「妻木城跡」、山麓の御殿跡および武家屋敷は「妻木城士屋敷跡」としてそれぞれ県史跡に指定されています。

妻木城跡1
妻木城跡

土屋敷2 土屋敷1
妻木城士屋敷跡

所在地

妻木城跡からの眺め
妻木城跡から望む風景

土岐市妻木町字本城及び御殿跡地内
妻木城士屋敷跡は妻木城跡から北北西の位置にあります。

妻木城跡の地図はこちらをクリックしてください。 (PDF 2.14MB)

アクセス

東海環状自動車道「土岐南多治見インター」より車で約15分

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報