トップ 記事 中京学院大学との連携事業について

中京学院大学との連携事業について

協定締結式の様子

平成26年2月25日(火曜日)、土岐市と中京学院大学(大西健夫学長)は、地域の発展と優れた人材の育成を目指し、相互に提携する協定を結びました。
今後、協定に基づく各種の事業を連携・協力して実施し、地域の課題解消や活性化に繋げていきたいと考えています。

連携事業実施の流れ

連携事業実施計画書の提出方法

連携事業を実施しようとする方(地域団体・民間事業者等)は、土岐市役所の各部署のうち、その連携事業の内容を担当する課(以下「担当課」という。)へ連携事業実施計画書(以下「実施計画書」という。)を提出してください。担当課において事業内容を確認後、総合政策課を通じて中京学院大学に提出されます。

(注)担当課が不明な場合は、総合政策課までご提出ください。

様式ダウンロード

留意事項

  • 毎年度2月末までに、翌年度中における実施計画書をご提出願います。
    (注)それ以外の時期でも受付は可能ですが、大学側の都合により実施できない場合があります。
  • 事業実施に際し、学生等の金銭的負担をかけないように配慮することが必要となりますので、計画策定の段階から考慮していただきますようお願いします。

事業の流れ 土岐市、中京学院大学、地域間で1~8の流れがあります

  1. 連携協定の周知・連携事業の照会
  2. 実施計画書(参考資料等)の提出
  3. 連携事業実施について市から大学へ申し出(可否の照会)
  4. 連携事業実施について学内調整
  5. 連携事業実施について可否の回答・担当係及び担当者の連絡(大学→総合政策課)
  6. 可否の連絡・担当係及び担当者の連絡(総合政策係→(担当課)→実施主体)
  7. 事業実施についての調整・打ち合わせ(土岐市と中京学院大学間)
  8. 事業実施についての調整・打ち合わせ(土岐市と地域間)(注:必要に応じて実施)

(注)担当課が不明な場合は、総合政策課が受付します。

事業実績(平成26年度分)

  • まちづくり支援事業費補助金審査会(補助金交付の審査及び申請団体へのアドバイス等)
  • 歴史と文化を活かしたまちづくり(三世代ふれあい広場にて甲冑製作教室開催)
  • 健康を守る市民の集い(イベント補助)
  • ふれあいフェスティバル(イベント補助)
  • あかりの夕べ(イベント補助)
  • 曽木公園もみじライトアップ(受付、清掃、駐車場係、総務等)
  • 国際陶磁器フェスティバル美濃関連イベント「ナイトミュージアムあかりアート展」(イベント補助)
  • 土岐さんま祭り(イベント補助)
  • 高山戦国合戦まつり(イベント補助)
  • お化け屋敷「土岐恐驚資霊館」(イベント企画・制作、当日のアクター・スタッフ)

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報