トップ 記事 介護保険サービスを利用するには

介護保険サービスを利用するには

介護保険サービスを利用するには、介護・支援が必要であるという認定が必要です

申請からサービスを利用するまでの流れ

(1)申請をします

介護サービスの利用を希望する方は、土岐市役所高齢介護課に「要介護認定」の申請をします。

申請について
種類 内容 申請ができる時期
新規申請
  • 初めて介護保険のサービスの利用を希望する場合
  • 以前、要介護認定を受けていたが有効期間が過ぎていた場合
  • 現在の要介護度が「要支援1・2」の方が変更申請をする場合
随時申請可能
更新申請 要介護認定を受けている方が、有効期間満了後の継続して介護保険サービスの利用を希望する場合 現在の有効期間満了日の60日前から満了日まで
区分変更申請 要介護認定を受けている方が有効期間内に、心身の状況の悪化・重度化等により、現在の介護度の見直しが必要となった場合
※現在の要介護度が「要支援1・2」の場合は、新規申請になります
随時申請可能

(2)訪問調査を受けます

申請をすると、介護認定調査員が心身の状況などについて訪問による聞き取り調査(訪問調査)を行います。

(3)主治医意見書

申請時に「主治医の意見書」用紙をお渡ししますので、主治医(かかりつけ医)に記載を依頼してください。

(4)介護認定審査会

「訪問調査の結果」と「主治医の意見書」などの資料に基づき、保健・医療・福祉の専門家で構成する「土岐市・瑞浪市介護認定審査会」で総合的に審査・判定を行います。審査結果に基づき、認定審査会が「介護を必要とする度合い(要介護状態区分等)」と「有効期間(3カ月~24カ月までの期間で決定)」を認定します。

(5)介護サービス計画(ケアプラン)の作成

要介護認定を受けた後、「在宅サービス」を希望される場合は、居宅介護支援事業者に、介護サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼します。依頼された介護支援専門員(ケアマネジャー)が利用者や家族の方とサービスの種類、利用回数等を検討して計画をつくります。「施設サービス」(施設入所)を希望する場合は、直接施設に申込みをします。

要支援認定を受けた場合は、地域包括支援センター(土岐市役所高齢介護課内)にサービス利用の申込みをします。(ケアプラン作成等は、居宅介護支援事業者に委託することがあります)

(6)サービスを利用する

介護サービス計画に基づいてサービスを利用します。原則として費用の一割が「利用者負担」となります。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報