トップ 記事 STOP消費者トラブル

STOP消費者トラブル

あなたは大丈夫? 消費者トラブル

よくある相談1 ワンクリック請求

ワンクリックで登録完了の表示が出て、連絡先に電話したら、脅されて言うなりに払ってしまった画像

トラブルに遭わないために

慌てて業者に連絡しない

連絡を取ることで、個人の情報を知らせることになりかねません。

言われるままに支払わない

「登録完了」と表示されても契約の無効を主張できる場合が多くあります。

(注1)スマートフォンでも同様のトラブルが増えています。ご注意ください。

よくある相談2 送り付け商法

頼んでいない商品が送られてきて、脅されて支払ってしまった画像

トラブルに遭わないために

はっきり「NO!」と言う

申し込んだ覚えがなく購入するつもりがなければ、きっぱり断る。

受け取りを拒否する

断ったにもかかわらず届いてしまった場合は、受け取らない。

(注2)承諾してしまった場合でもクーリング・オフが可能です。

一人で悩まず、相談してください

トラブルに巻き込まれたら、
消費生活相談窓口にご相談ください。

消費生活相談窓口詳細
相談場所 市役所1階 広報広聴係
相談時間 午前9時~午後4時
相談方法 面談または電話による相談
(注3)予約優先となります。
申込先 広報広聴係 内線185

消費者行政に関する市長からのメッセージ

市民の皆さまへ

高齢者の方や若者世代が消費者被害に遭われることが増加している昨今、土岐市では、市民の皆さま方が安全・安心に暮らせるまちづくりを目指して、消費生活相談窓口の開設や、消費生活トラブルの未然防止に向けた啓発活動の強化に努めてきました。
これからも安心して住んでいただける土岐市を目指し、相談窓口の堅持や、消費生活トラブルに遭わないための情報提供の強化など、消費者行政に力強く取り組んでまいりたいと考えております。

   平成29年1月26日 土岐市長 加藤靖也

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報