トップ 記事 市道を安心して通行できるよう 市道に架かる橋梁の点検を実施します

市道を安心して通行できるよう 市道に架かる橋梁の点検を実施します

平成27年度より、市道に架かる橋梁の法定定期点検を順次実施します。

  点検状況1     点検状況2

点検を実施する経緯

橋梁点検は道路法の改正(平成25年6月5日公布、9月2日一部施行)により義務化された法定定期点検です。

点検方法

橋梁を安全に利用するために、各橋梁を5年に1度、「近接目視」により点検を行います。近接目視による点検とは、各部材に点検員が近付き、近くで観察し、必要に応じて触診や打音等の検査を実施することです。各部材に近づいて点検を行うために、一部の橋梁では高所作業車や橋梁点検車を使用し点検を行うことになります。

点検に伴う交通規制について

点検を行う際には片側交互通行、通行止め等の交通規制を行うことがあります。住民の皆様には大変なご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

※参考:下記バナーより岐阜県道路メンテナンス会議のホームページをご覧いただけます。

岐阜県道路メンテナンス会議

 

 

 

 

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報